意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「焦燥に駆られる」とは?意味や使い方!例文や解釈

「焦燥に駆られる」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「焦燥に駆られる」という言葉を使った例文や、「焦燥に駆られる」の類語を紹介して行きます。

焦燥に駆られる

Meaning-Book
「焦燥に駆られる」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「焦燥に駆られる」とは?
  • 「焦燥に駆られる」を使った例文や短文など
  • 「焦燥に駆られる」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「焦燥に駆られた時」の対処法


「焦燥に駆られる」とは?

「焦燥に駆られる」という言葉を知っているでしょうか。

恋愛中に、好きな人が他の人と話している姿を見て、「焦燥に駆られる」思いをしたかもしれません。

一方で、「焦燥に駆られる」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「焦燥に駆られる」という言葉の意味を紹介します。

  • 「焦燥に駆られる」の読み方
  • 「焦燥に駆られる」の意味

「焦燥に駆られる」の読み方

「焦燥に駆られる」は、「しょうそうにかられる」と読みます。

「焦燥」「しょうそう」「駆られる」「かられる」と読みます。

これを機会に、「焦燥に駆られる」「しょうそうにかられる」と読みましょう。

「焦燥に駆られる」の意味

「焦燥に駆られる」には、どのような意味があるでしょうか。

「焦燥に駆られる」には、「焦りの気持ちが沸き起こって、早く何とかしないといけないと、心の中を急き立てられる様子」という意味があります。

みなさんも「早く何とかしないと、やばい」などと感じた経験があるかもしれません。

片想いの女性が、他の男性と話をしているのを見た時などは、「早く告白しないと、彼女を他の男性に取られてしまう」と感じるかもしれません。

このような焦って何とかしないといけないと感じ様子を、「焦燥に駆られる」と言います。



「焦燥に駆られる」を使った例文や短文など

次に「焦燥に駆られる」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「焦燥に駆られる」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「焦燥に駆られる」を使った例文1
  • 「焦燥に駆られる」を使った例文2

「焦燥に駆られる」を使った例文1

「芸能人の結婚のニュースを見て、『焦燥に駆られる』」

独身の男女は、芸能人の結婚のニュース、出産のニュースを見ると、「焦燥に駆られる」かもしれません。

自分はまだ恋愛すらできていないのに、普段からテレビで見ている芸能人が素敵なパートナーを手に入れたのを見ると、焦る気持ちが湧いてくるかもしれません。

もちろん、その芸能人とあなたは別人のため、焦る必要はまるでないのですが、盛大に祝福される姿を見ると、焦る気持ちも湧いてくるでしょう。

「焦燥に駆られる」を使った例文2

「このまま仕事を続けていいか、『焦燥に駆られる』」

この例文のように、現在の仕事を続けていいか悩み、早く転職したほうがいいのではないか、もっと本腰を入れて取り組んだ方がいいのではないかなど、焦る気持ちに苛まれている人もいるでしょう。

まずは焦りを拭い去り、それから冷静に仕事に向き合ってみるといいでしょう。

そのために、休暇を取って海外旅行に行くなどして、目先の仕事から離れて見るといいかもしれません。

「焦燥に駆られる」の類語や類似表現や似た言葉

「焦燥に駆られる」の類語や類似表現を紹介します。

「焦燥に駆られる」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「苛立つ」
  • 「もどかしい」

「苛立つ」

「苛立つ」には、「気持ちがいらいらして、じっとしていられなくなる様子」という意味があります。

例えば、嫌いな人と話している時、気持ちがいらいらして、早くその場を離れたいと思うかもしれません。

「もどかしい」

「もどかしい」には、「物事が思うように進まず、いらいらすること」という意味があります。

例えば、一緒に仕事をしている後輩が、仕事が遅く足並みをそろえなければならない時、「もどかしい」と感じるかもしれません。



「焦燥に駆られた時」の対処法

みなさんも「このままではやばい」と焦ってイライラした経験があるかもしれません。

そのような状態になったままで、何かを始めると失敗に終わってしまうかもしれません。

そこで「焦燥に駆られた時」の対処法を紹介します。

  • 「情報を遮断する」
  • 「何もしない時間を作る」
  • 「現在の自分を認める」

「情報を遮断する」

「焦燥に駆られた時」は、ほとんどの場合、他の人の言動に衝撃を受けています。

例えば、SNSを見ていて、友達が家を建てたという情報を知った時、衝撃を受けて、「自分も早く家を建てなければ」と焦ります。

しかし、焦って購入した家が、理想の家ということはないでしょう。

「焦燥に駆られる」タイプの人は、できるだけ、情報を遮断した方がいいかもしれません。

SNSやネットニュースなどを見る機会を控えれば、衝撃を受ける機会も減り、焦りにくくなるかもしれません。

「何もしない時間を作る」

「焦燥に駆られた時」、その焦りに飲み込まれたまま、何かを始めても、成功する確率は低そうです。

例えば、「服がない」と焦ってファッションビルに行った時は、本当に自分に似合っていない服を買ってしまうかもしれません。

焦っている時は、失敗する確率が高いと肝に銘じ、「焦燥に駆られている」と感じたら、何もしない時間を作ってみましょう。

窓の外を見てボーっとしたり、家なら寝転んでしまいましょう。

時間が経てば焦りが去り、冷静な判断を取り戻せるかもしれません。

「現在の自分を認める」

焦っている時は、現在の自分にダメ出しをしている時かもしれません。

現在の自分がダメだから、焦って仕事を探したり、買い物をしようとしているのかもしれません。

しかし、現在の自分を否定して決めた物事は、自分の適性とかけ離れたものになるのではないでしょうか。

「野球が好きな自分が嫌いだから、サッカーを好きになろう」と思い、購入したサッカー用具を、本当に使用するでしょうか。

特に好きでもないサッカーを趣味にできるとは思えません。

現在の自分や仕事や趣味は、その時々の最善の選択によって身の回りにあるのではないでしょうか。

「現在の自分を認める」と、焦った気持ちが薄まります。

野球好きを活かして、人脈を築いたり、ストレス解消のために役立てるなど、無理のないステップアップができるようになるでしょう。

icon まとめ

「焦燥に駆られる」という言葉について見てきました。

情報が多ければ多いほど、「焦燥に駆られる」可能性が高くなります。

「焦燥に駆られる」タイプの人は、できれば必要以上に情報を得ないよう、スマホを見る時間の上限を設けるなどしてみましょう。