意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「焦燥感」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

「焦燥感」の意味と読み方を紹介します。

さらに「焦燥感」を使った例文と、「焦燥感」にかられた時の対処法を紹介して行きます。

焦燥感

Meaning-Book
「焦燥感」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「焦燥感」の意味とは?
  • 「焦燥感」の読み方
  • 「焦燥感」の類語や言い換え
  • 「焦燥感」を使った例文
  • 焦燥感にかられた時の対処法


「焦燥感」の意味とは?

「焦燥感」という言葉があります。

比較的良く使う言葉で、仕事をしている時に、誰もが感じる心の様子でもあります。

例えば、イライラする時、何となく焦っている時は、「焦燥感」にかられている時かもしれません。

「焦燥感」を感じる時は、いくつかの心の動き、置かれている状況に特徴があります。

例えば、漠然とした不安に駆られている時です。

特に「これ」という理由がないのに、不安を感じる時は、同時に「焦燥感」にかられてしまいます。

汗をかいたり、貧乏ゆすりをしてしまうなど、身体的な変化が起こる人もいるでしょう。

また自分がすべき事ができていない時も「焦燥感」を感じやすいです。

例えば、納品が近づいているのに、仕事が終わっていない時は、「焦燥感」にかられやすい状況です。

またライバルが目の前に登場した時、さらに誰かに比較されてしまった時は、「焦燥感」にかられます。

「焦燥感」に心の中が支配されてしまうと、なんとなく、いてもたってもいられなくなり、部屋の中をぐるぐると歩いてしまったり、会社の外などに出てしまうなど、落ち着かなくなってしまいます。



「焦燥感」の読み方

「焦燥感」「しょうそうかん」と読みます。

「焦燥」だけでも、意味が通じる言葉で、イライラしたり焦ったりする様子を表します。

「焦燥」「感じる」という言葉がついたのが「焦燥感」です。

「焦燥感」という漢字は読むのも難しく、書くのも難しい言葉です。

だからこそ覚えてしまえば、他の人に優越感を味わう事ができるようになります。

この機会にぜひ「焦燥感」の読み方と漢字を覚えて欲しいと思います。

「焦燥感」の類語や言い換え

「焦燥感」という言葉に似た言葉や、言い換えた言葉をチェックしてみましょう。

いずれも比較的良く耳にする言葉ですが、ハッキリとした意味が分かりにくい言葉でもあります。

いくつかの言葉を比較する事で、「焦燥感」の意味を様々な角度から見て行きましょう。

  • 「業を煮やす」【ごうをにやす】
  • 「矢も楯も堪らない」【やもたてもたまらない】
  • 「フラストレーション」

「業を煮やす」【ごうをにやす】

「業を煮やす」という言葉をテレビや本などで、耳にしたり目にした経験があるかもしれません。

文学的な表現で、小説などで良く目にする言葉です。

「業を煮やす」は何かに我慢できなくなる状態、または辛抱の限界までイライラが募ってしまう状態を言います。

「煮やす」という感じが、グツグツと心の釜が煮えたぎっている様子を良く表現しているのではないでしょうか。

「業を煮やす」はこのように、我慢に我慢を重ねて、それでも問題が解決しないため、限界に達している…そんな心の様子を表した言葉です。

「○○さんが、あなたに対して業を煮やしている」と言われたら、かなり危険な状態です。

なぜそんなにイライラさせてしまったのか、理由を知ってすぐに対処する事が大切です。

「矢も楯も堪らない」【やもたてもたまらない】

「矢も楯も堪らない」という言葉も、焦りやイライラを感じさせる言葉です。

特に恋愛のシーンで使う機会が多く、その場合は好きな人に会えない事に対する焦りや、恋のライバルが出現した事に対する焦りなどを表しています。

「会いたくて、会いたくて『矢も楯も堪らない』」とか、「恋のライバルが出現したので、『矢も楯も堪らず』彼女の元に会いに行った」…などと文章に組み込みます。

恋愛のシーンだけでなく、ビジネスシーンや日常的なシーンでも使うこと事がある言葉です。

焦っている気持ちやじっとしていられない気持ちが表現しやすい言葉ですので、「焦燥感」とセットで覚えておきましょう。

「フラストレーション」

「焦燥感」を英語にすると「フラストレーション」という言葉が、一番近いかもしれません。

「焦燥感」よりも「フラストレーション」という言葉の方が、耳なじみがあるかもしれません。

「フラストレーション」は、欲求が満たされないでイライラする様子や、欲求不満に陥っている人の様子を表す事ができます。

同じ職場の人が、「ああ、フラストレーションが溜まる!」などと嘆く事があるかもしれません。

忙しい職場では、どんなに仕事をやり続けても終わりが見えないため、休息を取る事ができず「フラストレーション」が溜まります。

また難しい仕事は答えが見つからないので、やはり「フラストレーション」が溜まりやすいです。

片想い中の人や、恋愛相手との関係がうまく行っていない人も「フラストレーション」が溜まりやすいでしょう。

このように欲求不満が溜まりやすい環境にいる人は、「フラストレーション」が溜まりやすく、「焦燥感」にかられやすいでしょう。



「焦燥感」を使った例文

「焦燥感」の言葉の意味を理解したところで、例文を読み、使い方を理解しましょう。

自分の焦る気持ちやイライラする気持ちを文章にどう組み込むのか、例文を見て参考にしてください。

  • 「焦燥感」を使った例文1
  • 「焦燥感」を使った例文2

「焦燥感」を使った例文1

日常生活で「焦燥感」にかられる事は多いと思います。

そんなちょっとした焦りやイライラした気持ちを、「焦燥感」という言葉を使った文章にしてみましょう。

例えば、友達と飲み会を開いて、時間を忘れて楽しくお酒を飲み、美味しい料理を堪能したとします。

気付けば、夜も更けて解散の時間が近づいてきました。

お会計を済まして解散をした後、スマホで終電の時刻を調べてみたら、終電の発車まであと5分しかない事が分かります。

ゆっくり駅まで歩いたら、とても終電には間に合わないため、歩いたり走ったりしながら駅へと急ぎます。

もし終電を逃してしまったら、タクシー代が掛かってしまいます。

そもそもタクシーを捕まえられるかどうかも分かりません。

このような状況になると、誰でも焦る気持ちでいっぱいになるでしょう。

そこで「焦燥感」を使って、この時の状況を文章にしてみましょう。

「時間を忘れて飲みすぎて、終電ギリギリになってしまった。もし終電を逃したら余計な出費が必要になり、今月の生活費がギリギリになってしまう。私は『焦燥感』にかられながら、駅へと急いでいた」という感じです。

朝の通勤電車に間に合うかどうかの場面でも、同じような「焦燥感」にかられるのではないでしょうか。

「焦燥感」を使った例文2

恋愛シーンでも、「焦燥感」を味わう機会は多いです。

例えば片想いをしている女性は、恋のライバルが登場した時に「焦燥感」にかられるでしょう。

あなたが片想いをしているA君を、駅で見かけたとします。

「朝からラッキー」だと思って、A君に挨拶をするため、近づいて行くかもしれません。

しかしA君は、同じ職場の女子と楽しそうに話をしているのが分かりました。

偶然駅で会ったのかもしれませんし、お泊りをして一緒に出勤している途中なのかもしれません。

この時の気持ちを「焦燥感」を使って文章にしてみましょう。

「大好きなA君が、乗換えしたターミナル駅のホームで、○○さんと楽しそうに話をしているのを見かけた。私は思わぬ恋のライバルの出現に対して「焦燥感」を味わっていた」という感じです。

焦燥感にかられた時の対処法

もし「焦燥感」にかられた時は、どのように対処すれば焦りやイライラを消す事ができるでしょうか。

そこで「焦燥感」にかられた時の対処法を紹介していきます。

  • 目の前の事に集中する
  • 深呼吸をする
  • お風呂に入る
  • 自然の中に身を置く

目の前の事に集中する

「焦燥感」にかられる時は、何かしらの不安を感じている事が多いです。

恋のライバルが出現した時は、恋愛が成就するかどうか不安になるでしょう。

終電に間に合うかどうかという時も、遅れた時の悲惨な状況を想像して、不安になってしまいます。

先の事を考えるから不安になるので、先の事はいったん忘れて目の前の事に集中するようにしましょう。

恋のライバルが出現した時も、自分ができる事に集中します。

例えば仕事中に、恋愛の事を考えると不安になりますので、仕事や家事など「今、している事」に集中しましょう。

終電に間に合うかどうか心配するよりも、早く駅に着く事だけに集中するようにします。

目の前の事に集中すると、予期不安がなくなり、「焦燥感」にとらわれなくなります。

深呼吸をする

焦りやイライラが強くなった時は、深呼吸をしてみましょう。

頭の中でいろいろと考えすぎて「焦燥感」にかられてしまった時は、体をリラックスさせて、体から心に働きかける事が大切だからです。

そのもっとも基本的で簡単な方法が「深呼吸」です。

吸うよりも吐く方を意識して、ゆっくりと呼吸すると、それだけで気持ちが安らいでいくでしょう。

お風呂に入る

「焦燥感」にかられる時は、ストレスが溜まりすぎて、体に強い緊張が出てしまっています。

そこで家に帰ったらお風呂に入り、体の芯から緊張をほぐしてみましょう。

ぬるいお湯に長い時間入ると、副交感神経が優位になって、リラックスしやすいのでおすすめです。

「半身浴」もリラックスに効果的なので、時間がある人は試してみましょう。

好きな音楽を流したり、映画を観たり、読書をしながら半身浴をすると、よりリラックス効果が強くなるかもしれません。

自然の中に身を置く

「焦燥感」が強すぎる時は、仕事や置かれている環境からいったん離れてみるといいでしょう。

都会暮らしをしている人は、ぜひ自然の中に身を置いて欲しいと思います。

低山を上ったり、ピクニックをしたり、森の中や湖の近くに行くと、心が解きほぐされてくるでしょう。

海が好きな人は、いちばん近い海のある場所に遊びに行きましょう。

そしてのんびりとした時間を過ごせば、心と体がリラックスして、「焦燥感」と距離を置く事ができるでしょう。

icon まとめ

「焦燥感」は、日常的に感じやすい心や体の状態です。

ストレスが多い日常を送っている人は、「焦燥感」にかられやすいので注意してください。

また「焦燥感」という言葉で、自分が置かれている状況を文章にすると、客観視できてリラックスにつながるかもしれません。

「焦燥感」という言葉の意味を理解して、自分が「焦燥感」にかられていると感じたら、早めの対処を心掛けましょう。