意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「予測」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「予測」という表現は「この素晴らしい結果を予測できていた人はほとんどいませんでした」「今年の降水量の予測です」などの文章で使われますが、「予測」はどのような意味を持っているのでしょうか?

「予測」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

予測

Meaning-Book
「予測」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「予測」の意味
  • 「予測」の表現の使い方
  • 「予測」を使った例文と意味を解釈
  • 「予測」の類語や類義語


「予測」の意味

「予測」という表現は、「未来の出来事・物事の結果をあらかじめ推し量ること、予想すること」を意味しています。

「予測」というのは、「行為の結果・将来起こる物事を、前もって(あらかじめ)推量したり予想したりすること」を意味している表現なのです。

  • 「予測」の読み方

「予測」の読み方

「予測」の読み方は、「よそく」になります。



「予測」の表現の使い方

「予測」の表現の使い方を紹介します。

「予測」の表現の使い方は、「物事の結果や行為の展開などを、あらかじめ(事前に)推し量る場合」に使うという使い方になります。

例えば、「この会社の今季の売上と利益を予測してみます」「予測した通りに物事が動くことはまずありません」といった文章で使用することができます。

「予測」を使った例文と意味を解釈

「予測」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「予測」を使った例文1
  • 「予測」を使った例文2

「予測」を使った例文1

「こんな悲惨な結果になることが予測できていたのであれば、もっと早い段階から本気で努力しておくべきでした」

この「予測」を使った例文は、「こんな悲惨な結果になることが前もって推測できていたのであれば」という意味を持つ文章で、「予測」という表現を使っています。

「予測」を使った例文2

「現代の科学技術では、地震の発生日時や台風の進路などを正確に予測することはできません」

この「予測」を使った例文は、「予測」という表現を、「現代の科学技術では、地震の発生日時や台風の進路などを正確に前もって(事前)に推し量って予想することはできない」という意味の文章で用いています。



「予測」の類語や類義語

「予測」の類語や類義語を紹介します。

  • 「推測」【すいそく】
  • 「予想」【よそう】

「推測」【すいそく】

「推測」という表現は、「何らかの手がかりを参照して、物事の結果・将来の出来事を推し量ること」を意味しています。

その意味合いから、「予測」とほとんど同じような意味を持つ類語(シソーラス)として、「推測」の表現を指摘できます。

「予想」【よそう】

「予想」という表現は、「物事の展開や結果などについて、あらかじめ大まかな見当をつけること」「未来の出来事を当てようとすること」を意味しています。

この意味から、「予想」という表現を、物事の結果や将来の出来事をあらかじめ推し量ることを示す「予測」の類義語として解釈できます。

icon まとめ

この記事で説明した「予測」の表現には、「物事の展開・結果をあらかじめ(前もって)推し量ること」などの意味があります。

「予測」の類語・類義語として、「推測」「予想」などがあります。

「予測」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。