意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「前評判」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「前評判」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「前評判」という言葉の理解を深めていきましょう。

前評判

Meaning-Book
「前評判」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「前評判」の意味
  • 「前評判」の表現の使い方
  • 「前評判」を使った例文と意味を解釈
  • 「前評判」の類語や類義語


「前評判」の意味

「前評判」とは、何かある事が行われる前に、言われている噂、批評のことです。

つまり、まだ何か物事が起こる前での評価ということでもあります。

  • 「前評判」の読み方

「前評判」の読み方

「前評判」の読み方は、「まえひょうばん」になります。



「前評判」の表現の使い方

「前評判」の表現の使い方を紹介します。

「前評判」とは、何かある事に対して、前もって言われている噂のことです。

つまりまだ、実際にその物事は起こっていない時に使われる言葉なのです。

例えば映画など公開されていない時に「すごく面白いらしい」「感動作と聞いた」などという噂、意見などが「前評判」ということで、その内容が良ければ「前評判が高いのは納得だ」「前評判通り素晴らしかった」などとなります。

一方で噂ほどではなかったという場合は「前評判は良かったが実際は大したことはなかった」という言い方になります。

「前評判」を使った例文と意味を解釈

「前評判」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「前評判」を使った例文1
  • 「前評判」を使った例文2

「前評判」を使った例文1

「前評判通り、彼が優勝した」

「前評判」とは、ある事が行われる前から言われていることを言います。

例文では「彼が優勝するだろう」という噂通りになったということを言い表しているのです。

「前評判」を使った例文2

「宣伝活動の甲斐があって、前評判はかなり良い」

何か新発売する前に、前もって宣伝活動をすることがあります。

それによって口コミなどで「今度の新商品はいいらしい」と噂が広まる効果が期待できます。

例文は、宣伝活動の効果が出ている、良い噂が広まっているということを「前評判はかなり良い」という言葉で言い表しているのです。



「前評判」の類語や類義語

「前評判」の類語や類義語を紹介します。

  • 「触れ込み」【ふれこみ】
  • 「うたい文句」【うたいもんく】
  • 「鳴り物入り」【なりものいり】

「触れ込み」【ふれこみ】

「触れ込み」とは前もって宣伝をすることを言います。

また実際よりも誇張して良く言うことが多いのです。

「彼は10年に一人の逸材という触れ込みで入社した」「かなり美味しいお店という触れ込みだが、実際は並みだ」などと使います。

「うたい文句」【うたいもんく】

「うたい文句」とは何かを宣伝する為の、強調した言葉のことを言います。

「うたい文句は随分と立派だが、内容が伴っていない」「そんなうたい文句じゃ、ありきたりだ」などと使います。

「鳴り物入り」【なりものいり】

「鳴り物入り」とは大げさな宣伝をすることに使う言葉です。

「鳴り物入りでデビューしたわりにパッとしない」「さすが、鳴り物入りで売り出しただけのことはある」という風に使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「前評判」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。