意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「任務を授かる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「任務を授かる」という表現は「この部署を再建するという任務を授かりました」などの文章で使われますが、「任務を授かる」にはどのような意味があるのでしょうか?

「任務を授かる」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

任務を授かる

Meaning-Book
「任務を授かる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「任務を授かる」の意味
  • 「任務を授かる」の表現の使い方
  • 「任務を授かる」を使った例文と意味を解釈
  • 「任務を授かる」の類語や類義語


「任務を授かる」の意味

「任務を授かる」という表現は、「責任を持って果たすべき役割・仕事・使命などを、目上の人(所属する企業・組織)から与えられること」を意味しています。

「任務を授かる」という言葉は、「上位者(帰属する会社組織・公的組織)から、きちんと責任を持って遂行すべき役目・つとめ・仕事などを与えられること」の意味合いを持っています。

  • 「任務を授かる」の読み方

「任務を授かる」の読み方

「任務を授かる」の読み方は、「にんむをさずかる」になります。



「任務を授かる」の表現の使い方

「任務を授かる」の表現の使い方を紹介します。

「任務を授かる」の表現の使い方は、「上位者から責任を持って果たすべき役割・仕事・使命などを与えられる場合」に使うという使い方になります。

例えば、「重要閣僚を護衛するという任務を授かって光栄です」といった文章で、「任務を授かる」という表現を適切に使えます。

「任務を授かる」を使った例文と意味を解釈

「任務を授かる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「任務を授かる」を使った例文1
  • 「任務を授かる」を使った例文2

「任務を授かる」を使った例文1

「先日、上司に呼び出されて、新規プロジェクトチームを引っ張るリーダーとしての任務を授かりました」

この「任務を授かる」を使った例文は、「任務を授かる」の表現を、「新規プロジェクトチームを引っ張るリーダーとしての責任ある職務・仕事を与えられました」の意味で使っています。

「任務を授かる」を使った例文2

「新しい職場でどのような任務を授かることになるのかは、上官との面談を通して決められることになります」

この「任務を授かる」を使った例文は、「新しい職場でどのような役割(仕事)や使命を与えられることになるのかは」という意味合いで、「任務を授かる」の表現を使用しています。



「任務を授かる」の類語や類義語

「任務を授かる」の類語や類義語を紹介します。

  • 「役目を授かる」【やくめをさずかる】
  • 「職務を与えられる」【しょくむをあたえられる】

「役目を授かる」【やくめをさずかる】

「任務を授かる」という表現は、「上位者から、自分が責任を持ってやるべき役割・役目を与えられること」を意味しています。

「役目を授かる」とは、「役割・やるべき仕事を与えられること」を意味する言葉です。

この意味から、「役目を授かる」という表現を、「任務を授かる」に似た意味を持つ類語として解釈できます。

「職務を与えられる」【しょくむをあたえられる】

「任務を授かる」という表現は、「所属する企業・役所・団体などから、自分が責任を持ってやるべき職務を与えられること」を意味しています。

「職務」とは、「責任を持って果たすべき職業上の役割・つとめ・仕事内容」を意味している言葉です。

これらの意味合いから、「任務を授かる」とほとんど同じ意味を持つ類義語として、「職務を与えられる」という表現を上げられます。

icon まとめ

この記事で紹介した「任務を授かる」の表現には、「上位者(所属する企業・役所)から、責任を持って果たすべき仕事や役目を与えられること」などの意味があります。

「任務を授かる」の類語・類義語として、「役目を授かる」「職務を与えられる」などがあります。

「任務を授かる」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。