意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「内面を磨く」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

ビジネスやハウツー記事などで「内面を磨く」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

内面を磨く

Meaning-Book
「内面を磨く」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「内面を磨く」の意味
  • 「内面を磨く」の表現の使い方
  • 「内面を磨く」を使った例文と意味を解釈
  • 「内面を磨く」の類語や類義語


「内面を磨く」の意味

「内面を磨く」の意味は以下の2つです。

1つ目は「精神的に打たれ強くなる様に自分を鍛えること」という意味で、仕事や人間関係のストレスがあった時に、すぐに落ち込んでしまわずポジティブ思考でいられる様に、自分の考え方を変えていくことを言います。

2つ目は「人としての在り方や生き方を魅力的になること」という意味で、見た目や仕草だけではなく、知識ややさしさ、誠実さなどを身に付けて、人から慕われたり手本にされる様になることを言います。

  • 「内面を磨く」の読み方
  • 「内面を磨く」を分解して解釈

「内面を磨く」の読み方

「内面を磨く」の読み方は、「ないめんをみがく」になります。

「内面」「うちづら」とも読みますが、意味が全く変わってしまうので「ないめん」と読みましょう。

「内面を磨く」を分解して解釈

「内面を磨く」「内面+を(助詞)+磨く」で成り立っています。

「内面」「ものの内側の部分」「精神的・心理的な部分」という意味があります。

「磨く」「物の表面を研いでなめらかにする」「こすってつやを出す」「一生懸命手入れをして美しくする」「努力して上達させる」「輝かせる」という意味があります。

これらの言葉が組み合わさり「精神的・心理的に努力して向上させる」という意味で使われています。



「内面を磨く」の表現の使い方

「内面を磨く」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • 見た目で判断できない部分を磨くこと

文法的な使い方

「内面を磨く」は動詞を含んだ表現であり、文末にそのまま使えます。

副詞として使う時には「内面を磨き」になり、名詞形は「内面磨き」になります。

見た目で判断できない部分を磨くこと

「内面を磨く」は、見た目で判断できない部分を伸ばしたり強くする時に使われます。

新しい知識や能力を身に付けたり、周囲に感謝する気持ちを大切にしたり、人に親切に出来る様になることを言います。

「内面を磨く」を使った例文と意味を解釈

「内面を磨く」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「内面を磨く」を使った例文1
  • 「内面を磨く」を使った例文2

「内面を磨く」を使った例文1

「彼女は容姿に自信が無かったので内面を磨いて玉の輿になった」

顔立ちがあまり良くなかった女性が、人として魅力的になることで資産家と結婚できたことを表しています。

「内面を磨く」を使った例文2

「一流の営業マンになる為にはもっと内面を磨いて強くなるべきだ」

優秀な営業になるには、もっと精神面で強くならないといけない、と言っています。



「内面を磨く」の類語や類義語

「内面を磨く」の類語や類義語を紹介します。

  • 「精神を鍛える」【せいしんをきたえる】
  • 「自分を成長させる」【じぶんをせいちょうさせる】

「精神を鍛える」【せいしんをきたえる】

「ストレスを感じた時でも平常心を持てる様に訓練すること」という意味です。

「自分を成長させる」【じぶんをせいちょうさせる】

「心の持ちようをより高くする様に努力すること」という意味です。

icon まとめ

「内面を磨く」「精神的に打たれ強くなる様に自分を鍛えること」「人としての在り方や生き方を魅力的になること」という意味があります。

自分を精神的に高めようと思った時に使いましょう。