意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「知識を得る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「知識を得る」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「知識を得る」という言葉の理解を深めていきましょう。

知識を得る

Meaning-Book
「知識を得る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「知識を得る」の意味
  • 「知識を得る」の表現の使い方
  • 「知識を得る」を使った例文と意味を解釈
  • 「知識を得る」の類語や類義語


「知識を得る」の意味

「知識を得る」とは、ある物事に対して、理解して自分のものとすることを言います。

  • 「知識を得る」の読み方

「知識を得る」の読み方

「知識を得る」の読み方は、「ちしきをえる」になります。



「知識を得る」の表現の使い方

「知識を得る」を使った表現を紹介します。

「知識を得る」「知識」とはある物事に対して知っていること、理解すること、知恵などを意味します。

そして「得る」とは自分のものとする、手に入れるという意味ですから「知識を得る」はそれまでは知らなかったことを自分は知った、理解したということになります。

その物事に対して、賢くなった、成長したというニュアンスも含みます。

「隣のお姉さんが沢山参考書を貸してくれた、そのおかげで私は知識を得ることができた」「自分で勉強をして、知識を得る」「知識を得ることで、彼はますます上から目線な性格となった」などと使います。

「知識を得る」を使った例文と意味を解釈

「知識を得る」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「知識を得る」を使った例文1
  • 「知識を得る」を使った例文2

「知識を得る」を使った例文1

「知識を得るということは、先生に習うだけじゃなく、自分で本を読んで調べるといった努力をすればできることです」

「知識を得る」とは自分に知恵をつけることです。

それは人に何かを教えてもらうということが大きいのですが、それだけではなく、自分で本を読むなど、調べようという意欲があればできることなのだと例文は言っているのです。

「知識を得る」を使った例文2

「私は若い時に様々なバイトをしたことで、商売に必要な知識を得ることができたのです」

「知識を得る」とは、ある物事に対して知っている、理解しているということで自分のものとすることを言います。

例文は商売に必要な物事は、若い時にアルバイトをしたことで身に着けたと言っているのです。



「知識を得る」の類語や類義語

「知識を得る」の類語や類義語を紹介します。

  • 「知識を集める」【ちしきをあつめる】
  • 「見聞を広める」【けんぶんをひろめる】

「知識を集める」【ちしきをあつめる】

「知識を集める」とは、物事に対して知ること、理解することを、自分の中に一つにまとめているという意味になります。

つまりあちらこちらから、必要なことを調べたということでもあります。

「様々な本を読んで、自分に必要な知識を集める作業は案外楽しいものだ」などと使います。

「見聞を広める」【けんぶんをひろめる】

「見聞を広める」とは、自分で実際に見たり、聞いたりしてさらに知識、経験を増やすといった意味になります。

「君は若いし行動力もある、もっとあちこちに行って見聞を広めることが大事だ」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「知識を得る」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。