意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「知識が乏しい」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

ビジネスで「知識が乏しい」と言われたら、一体どの様な意味に解釈すればいいのでしょうか。

類語や例文なども併せて紹介しますので参考にして下さい。

Meaning-Book
「知識が乏しい」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「知識が乏しい」とは?意味
  • 「知識が乏しい」の表現の使い方
  • 「知識が乏しい」を使った例文と意味を解釈
  • 「知識が乏しい」の類語や類義語


「知識が乏しい」とは?意味

「知識が乏しい」の意味は「あるものごとについて知っている内容が不足していること」です。

表面的なことは知っているのですが、一歩突っ込んだ質問をすると理解できなくなってしまうことを言います。

決して何も知らない訳ではなく、誰もが知っている様なことは知っているけれども専門性がない時の表現です。

  • 「知識が乏しい」の読み方
  • 「知識が乏しい」を分解して解釈
  • 「知識」と「知恵」の違い

「知識が乏しい」の読み方

「知識が乏しい」の読み方は、「ちしきがとぼしい」になります。

「乏しい」「まずしい」と読み間違わない様にしましょう。

「知識が乏しい」を分解して解釈

「知識が乏しい」「知識+が(助詞)+乏しい」で成り立っています。

「知識」とは「ある事柄について知っている内容」「理解すること」という意味です。

「乏しい」「足りない」「十分でない」「貧しい」という意味です。

これらの言葉が組み合わさり「ある事柄について知っている内容が足りない」という意味で使われています。

「知識」と「知恵」の違い

「知識」を辞書で調べると「知恵」と解説しているものもありますが、この2つは使い分けがあります。

「知識」「ある事柄について事実として知っている内容」のことです。

自分なりの解釈や理由づけなどは含まれません。

「知恵」「現在知っていることを応用させてものごとを対処していく能力」のことです。

つまり、「知識」を使ってものごとを考え、行動していくことが「知恵」なのです。



「知識が乏しい」の表現の使い方

「知識が乏しい」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • 専門性が低い時に使う

文法的な使い方

「知識が乏しい」は形容詞を含みますので、文末にそのまま使ったり、「知識が乏しい〇〇」と名詞を繋げて使います。

副詞として使う時には「知識が乏しく」になり、名詞形は「知識の乏しさ」になります。

専門性が低い時に使う

ビジネスで「知識が乏しい」は、専門性が低いことを表します。

まだその仕事に慣れてない新人などに対して使います。

ベテランの人に対して使うと見下す意味になるので注意しましょう。

「知識が乏しい」を使った例文と意味を解釈

「知識が乏しい」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「知識が乏しい」を使った例文1
  • 「知識が乏しい」を使った例文2

「知識が乏しい」を使った例文1

「まだ自社製品に対する知識が乏しい」

新卒や中途採用で入社したばかりの従業員に対する言葉です。

たとえ同業他社から転職してきたとしても、自社製品について知っている内容はトップセールスには負けるでしょう。

「知識が乏しい」を使った例文2

「ラグビーに関する知識が乏しい」

日本中がラグビーで盛り上がっているのですが、ルールがよく分らないことを表しています。



「知識が乏しい」の類語や類義語

「知識が乏しい」の類語や類義語を紹介します。

  • 「不案内」【ふあんない】
  • 「生半可な知識」

「不案内」【ふあんない】

「細かいことが分らないこと」「そのジャンルに詳しくないこと」という意味です。

「生半可な知識」

「中途半端な知識」という意味です。

icon まとめ

「知識が乏しい」「あるものごとについて知っている内容が不足していること」です。

専門性がないものごとに対して使ってみましょう。