意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「知識が浅い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

ビジネスで「知識が浅い」という言葉を使うことがあります。

一体どの様な意味なのか、使い方や例文なども併せて紹介します。

知識が浅い

Meaning-Book
「知識が浅い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「知識が浅い」とは?
  • 「知識が浅い」の表現の使い方
  • 「知識が浅い」を使った例文と意味を解釈
  • 「知識が浅い」の類語や類義語


「知識が浅い」とは?

「知識が浅い」の概要について紹介します。

  • 「知識が浅い」の読み方
  • 「知識が浅い」の意味
  • 「知識が浅い」を分解して解釈
  • 「知識」と「知恵」の違い

「知識が浅い」の読み方

「知識が浅い」「ちしきがあさい」と読みます。

読み方は難しくないのですが書き間違いに注意しましょう。

「知識が浅い」の意味

「知識が浅い」の意味は「ものごとに対して表面的なことしか知らないこと」です。

ものごとに対して知っていることが少なく、誰もが知っている様なことばかりでほとんど役に立たないことを言います。

多くの場合そのものごとの携わっている時間や経験が不足していることによるものです。

「知識が浅い」を分解して解釈

「知識が浅い」「知識+が(助詞)+浅い」で成り立っています。

「知識」とは「知っている内容」「認識・理解」「考える能力」という意味があります。

「浅い」「ものごとの程度が少ないこと」「関わりが少ないこと」という意味です。

上記の言葉が組み合わさり「知っている内容が少ないこと」という意味で使われているのです。

「知識」と「知恵」の違い

「知識」と似た意味の言葉に「知恵」があります。

「知識」「事実として知っている内容」という意味で、ものごとについての情報の程度を表します。

「知恵」「ものごとの筋道を立てて処理していく能力」という意味です。

今迄蓄えてきた「知識」を応用して役立てていくことを言います。

この2つの違いは「元となる情報か、それを応用していく能力か」という点です。



「知識が浅い」の表現の使い方

「知識が浅い」の使い方を紹介します。

  • ベテランと言えない人に使う
  • 悪い意味で使う

ベテランと言えない人に使う

「知識が浅い」は、そのものごとに対して誰もが知っていることしか知らない人に対して使われます。

担当者であっても人の役に立つ様な情報を持っていない人のことを言います。

悪い意味で使う

ビジネスでは「知識が浅い」と言うと「使えない」「仕事ができない」という意味になります。

特に営業で取引先から「知識が浅い」と言われた場合、相手がかなり不満を感じていることを表します。

「知識が浅い」を使った例文と意味を解釈

「知識が浅い」を使った例文と解釈を紹介します。

  • 「知識が浅い」を使った例文1
  • 「知識が浅い」を使った例文2

「知識が浅い」を使った例文1

「彼はまだ入社したばかりで知識が浅い」

新入社員なので、まだ実務経験が浅く専門的な内容を知らないという意味です。

「知識が浅い」を使った例文2

「そう考えているならばまだ知識が浅いと言えるね」

自分より目下の相手に質問して、正解からはほど遠い回答をしてきた時の言葉です。



「知識が浅い」の類語や類義語

「知識が浅い」の類語を紹介します。

  • 「浅学寡聞」【せんがくかぶん】
  • 「勉強不足」【べんきょうぶそく】

「浅学寡聞」【せんがくかぶん】

「学問の力があまりなく、経験も少ないこと」という意味です。

「勉強不足」【べんきょうぶそく】

「学問の力が低く、もっと励まなければいけない様子」という意味です。

ビジネスでは「分析や知識が不足している」という意味で使われます。

icon まとめ

「知識が浅い」「ものごとに対して表面的なことしか知らない」という意味です。

自分に対する謙遜の意味でも使える様にしておきましょう。