意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「申し出を断る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「申し出を断る」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「申し出を断る」という言葉の理解を深めていきましょう。

申し出を断る

Meaning-Book
「申し出を断る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「申し出を断る」の意味
  • 「申し出を断る」の表現の使い方
  • 「申し出を断る」を使った例文と意味を解釈
  • 「申し出を断る」の類語や類義語


「申し出を断る」の意味

「申し出を断る」とは、相手から言われた内容を拒む、拒絶することを言います。

  • 「申し出を断る」の読み方

「申し出を断る」の読み方

「申し出を断る」の読み方は、「もうしでをことわる」になります。



「申し出を断る」の表現の使い方

「申し出を断る」を使った表現を紹介します。

「申し出を断る」「申し出」とは何かと言いますと、申し出ること、またその内容そのもののことです。

簡単に言うならば、相手から言われることと覚えておくといいでしょう。

そして「断る」とは、言われたことを拒否することですから「申し出を断る」とは言われたことに対して「ノー」と拒絶することになります。

例えば「こんないい申し出を断るなんて、君は馬鹿だよ」などと使います。

これは先方からの、いいお話を受け入れないとはどうかしている、損をするよと言っているのです。

「好意とはわかっているが、申し出を断ることにした」「結婚の申し出を断るなんて、あの子はどうしたのだろうか」「参加したいという申し出を断る」などと使います。

仕事でも日常的な会話でもわりと使ったり、聞く機会が多い言葉ではないでしょうか。

「申し出を断る」を使った例文と意味を解釈

「申し出を断る」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「申し出を断る」を使った例文1
  • 「申し出を断る」を使った例文2

「申し出を断る」を使った例文1

「この、申し出を断るということは、相手との縁が切れるということぐらい僕も覚悟している」

「申し出を断る」とは、相手からの意見、思いといったものを拒絶することです。

つまり仕事上であれば、相手からの仕事を拒絶するといったことになります。

プライベートであれば相手の好意や思いといったものを受け取らない、応えないといったことになりますので、例文は、それによって相手と縁が切れることになることは覚悟していると言っているのです。

「申し出を断る」を使った例文2

「せっかくの申し出を断るなんて、あなた達は一体何を考えているの」

「申し出を断る」とは相手から言ってくる内容を拒否するということになります。

例文は何かせっかくのいい話を断ったということで、何を考えているのだと非難しているのです。



「申し出を断る」の類語や類義語

「申し出を断る」の類語や類義語を紹介します。

  • 「オファーを断る」【おふぁーをことわる】
  • 「提案を拒否する」【ていあんをきょひする】

「オファーを断る」【おふぁーをことわる】

「オファーを断る」とは、申し入れ、申し込みを受け入れないという意味になります。

「あの会社からのオファーを断るなんて、大丈夫なのか」「今後は、新規のオファーを断るようにした」などと使います。

「提案を拒否する」【ていあんをきょひする】

「提案を拒否する」とは、相手から出された考えを受け入れないことを言います。

「彼女は、人の提案を拒否するばかりで、じゃあ何だったらいいのだろうか」という風に使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「申し出を断る」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。