意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「門戸を叩く」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

小説や物語などで「門戸を叩く」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

門戸を叩く

Meaning-Book
「門戸を叩く」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「門戸を叩く」の意味
  • 「門戸を叩く」の表現の使い方
  • 「門戸を叩く」を使った例文と意味を解釈
  • 「門戸を叩く」の類語や類義語


「門戸を叩く」の意味

「門戸を叩く」の意味は以下の2つです。

1つ目は、「ある場所を訪ねて行くこと」という意味で、単純に友人・知人などの自宅を訪問することを言います。

2つ目は「ある目的をもってその一派となる場所を訪問すること」という意味で、自分が尊敬している人や、憧れの場所などへ、「是非行って学びたい」という覚悟を持って出向くことを言います。

  • 「門戸を叩く」の読み方
  • 「門戸を叩く」を分解して解釈

「門戸を叩く」の読み方

「門戸を叩く」の読み方は、「もんこをたたく」になります。

「門戸」「もんと」と読み間違わない様にしましょう。

「門戸を叩く」を分解して解釈

「門戸を叩く」「門戸+を(助詞)+叩く」で成り立っています。

「門戸」とは「家の出入り口」「他と交流する為の窓口」「ものごとの初歩」「一つの流儀や派閥」という意味があります。

「叩く」「手や道具を使って打つ」「強くなぐる」「値段を負けさせる」「すっかり使い果たす」「色々と言う」「教えを請う為に訪ねる」という意味があります。

これらの言葉が組み合わさり「家の出入り口を叩く」「一つの流儀や派閥を訪ねる」という意味で使われています。



「門戸を叩く」の表現の使い方

「門戸を叩く」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • 相手が優れた能力を持っていること

文法的な使い方

「門戸を叩く」は動詞を含んだ表現ですので、文末にそのまま使えます。

副詞として使う時には「門戸を叩き」になります。

相手が優れた能力を持っていること

「門戸を叩く」は、訪ねた先にいる相手が何らかの能力を持っていて、自分よりも優れていると思った時に使います。

同じレベルだと思われる時には使われません。

「門戸を叩く」を使った例文と意味を解釈

「門戸を叩く」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「門戸を叩く」を使った例文1
  • 「門戸を叩く」を使った例文2

「門戸を叩く」を使った例文1

「有名な芸人の弟子にして貰うと思い、門戸を叩いた」

芸人になりたいと思い、自分が尊敬する芸人の弟子にして貰う為に、事務所や自宅などに訪ねて言ったことを表しています。

「門戸を叩く」を使った例文2

「プロレスラーになりたいと思い、有名団体の門戸を叩いた」

プロレスラーになりたいと思っていて、募集情報もなかったことから、直接興業団体の事務所を訪ねて言ったことを表しています。



「門戸を叩く」の類語や類義語

「門戸を叩く」の類語や類義語を紹介します。

  • 「見舞う」【みまう】
  • 「足を運ぶ」【あしをはこぶ】

「見舞う」【みまう】

「相手が元気でいるのか案じて訪ねていく」「病気や災難に遭った人を訪ねたり、手紙などでなぐさめる」「相手にとって好ましくないことをする」という意味があります。

「足を運ぶ」【あしをはこぶ】

「ある目的の為にわざわざ出向くこと」という意味です。

icon まとめ

「門戸を叩く」「ある場所を訪ねて行くこと」「ある目的をもってその一派となる場所を訪問すること」という意味があります。

ある場所へ学びたいという意欲を持って訪問する時に使いましょう。