意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「世を儚む」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「世を儚む」という表現は「数年前まで彼女は、世を儚んでばかりいました」などの文章で使われますが、「世を儚む」の表現はどんな意味を持っているのでしょうか?

「世を儚む」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

世を儚む

Meaning-Book
「世を儚む」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「世を儚む」の意味
  • 「世を儚む」の表現の使い方
  • 「世を儚む」を使った例文と意味を解釈
  • 「世を儚む」の類語や類義語


「世を儚む」の意味

「世を儚む」という表現は、「世の中の物事(世俗的な事柄)を、すぐに無くなって消えてしまう儚いものだと感じて虚しく思うこと」を意味しています。

「世を儚む」というのは、「世の中の物事を、刹那的であっけないものだと感じること」「世俗的な事柄を、あまり意味のない刹那的・虚無的な事柄として考えること」を意味している表現です。

  • 「世を儚む」の読み方

「世を儚む」の読み方

「世を儚む」の読み方は、「よをはかなむ」になります。



「世を儚む」の表現の使い方

「世を儚む」の表現の使い方を紹介します。

「世を儚む」の表現の使い方は、「世の中の物事(世俗的な事柄)を、すぐに無くなって消えてしまうあっけないものと感じて虚しく思う場合」に使うという使い方になります。

例えば、「ネガティブ思考で世を儚んでばかりいても、良い結果にはつながりません」といった文章で使えます。

「世を儚む」を使った例文と意味を解釈

「世を儚む」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「世を儚む」を使った例文1
  • 「世を儚む」を使った例文2

「世を儚む」を使った例文1

「つらい出来事が連続して続くような時期には、どうしても世を儚むような気持ちになってしまうものです」

この「世を儚む」を使った例文は、「世を儚む」の表現を、「どうしても世の中の物事を刹那的で虚しいものと思い込むような気持ちになってしまう」という意味合いで使っています。

「世を儚む」を使った例文2

「大切な人を失ってひどく落ち込んでいたあの頃は、何かにつけて世を儚んでばかりいました」

この「世を儚む」を使った例文は、「何かにつけて現実の世の中に関する事柄を、あっけなくて無意味なもの(すぐに無くなる虚しいもの)だと思ってばかりいました」の意味を持つ文脈で、「世を儚む」という表現を使用しています。



「世を儚む」の類語や類義語

「世を儚む」の類語や類義語を紹介します。

  • 「世の中を虚しく思う」【よのなかをむなしくおもう】
  • 「厭世的になる」【えんせいてきになる】

「世の中を虚しく思う」【よのなかをむなしくおもう】

「世を儚む」という表現は、「世の中の物事を、すぐに消えてしまうものと感じて虚しく思うこと」を意味しています。

「虚しく思う」とは、「あっけなくて意味のないものだと思う」を意味する言葉です。

それらの意味から、「世を儚む」とよく似た類語として、「世の中を虚しく思う」という表現を上げられます。

「厭世的になる」【えんせいてきになる】

「厭世的になる」という言葉は、「現実の世の中を嫌なものだと感じてわずらわしく思うこと」「人生・世俗の事柄を無価値で面倒くさいものと考えること」を意味しています。

この意味合いから、「世の中の物事をあっけなくて虚しいものだと思うこと」を示す「世を儚む」と類似の意味を持っている類義語として、「厭世的になる」の表現を指摘できます。

icon まとめ

この記事で解説した「世を儚む」の表現には、「世の中の事柄や世俗的な物事を、すぐに消えてしまうものだと感じて虚しく思うこと」などの意味があります。

「世を儚む」の類語・類義語として、「世の中を虚しく思う」「厭世的になる」などがあります。

「世を儚む」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。