意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「見積書を徴する」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「見積書を徴する」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「見積書を徴する」という言葉の理解を深めていきましょう。

見積書を徴する

Meaning-Book
「見積書を徴する」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「見積書を徴する」の意味
  • 「見積書を徴する」の表現の使い方
  • 「見積書を徴する」を使った例文と意味を解釈
  • 「見積書を徴する」の類語や類義語


「見積書を徴する」の意味

「見積書を徴する」とは費用などがいくらかかるか前もって計算した書類を、相手に求めること、とることを言います。

  • 「見積書を徴する」の読み方

「見積書を徴する」の読み方

「見積書を徴する」の読み方は、「みつもりしょをちょうする」になります。



「見積書を徴する」の表現の使い方

「見積書を徴する」を使った表現を紹介します。

「見積書を徴する」「見積書」とは費用を前もって計算して出した書類のことを言います。

「工事の見積書」「見積書を確認する」などと使います。

そして「徴する」なのですがこれはいくつかの意味がある言葉です。

証拠を求める、照らし合わせる、要求する、とりたてる、呼び出すなどがあります。

「見積書」に対して意味が合うのは、照らし合わせる、要求する、とりたてるといったことになります。

つまり「見積書を徴する」とはいくらかかるのか、詳しく書いた書類を相手に求める、とるということです。

そしてその書類が手元にあれば照らし合わせるということも可能ですのでその意味合いも含むと解釈できるでしょう。

「相手から早急に見積書を徴する必要がある」「即決せずに数社から、見積書を徴するべきだ」などと使います。

「見積書を徴する」を使った例文と意味を解釈

「見積書を徴する」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「見積書を徴する」を使った例文1
  • 「見積書を徴する」を使った例文2

「見積書を徴する」を使った例文1

「相手から見積書を徴すると、それには私が知らない物品を購入する予定があった」

「見積書を徴する」とは経費など前もって計算して出した書類を出してもらうことを言います。

例文は詳しい内訳を相手に出させたら、自分が知らないものを購入する予定になっていたと言っているのです。

金額だけ聞いて払うのではなく、見積書を確認することは大事でしょう。

「見積書を徴する」を使った例文2

「私はいつも何社からか、見積書を徴するようにしています」

「見積書を徴する」とは前もって費用を計算した書類をとることを言います。

見積書を出すのは無料という業者も多いですので、数社に「見積書を徴する」ことをして、一番安いところに決めるというのは賢い方法です。



「見積書を徴する」の類語や類義語

「見積書を徴する」の類語や類義語を紹介します。

  • 「見積もりをとる」【みつもりをとる】
  • 「予算を出させる」【よさんをださせる】

「見積もりをとる」【みつもりをとる】

「見積もりをとる」とは、前もって費用がいくらなのか計算した書類を自分のもとへ集めることを言います。

「予算を出させる」【よさんをださせる】

「予算を出させる」とは、いくら必要になるのかという金額を相手から自分へ提出させることを言います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「見積書を徴する」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。