意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「勇気を出す」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「勇気を出す」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「勇気を出す」という言葉の理解を深めていきましょう。

勇気を出す

Meaning-Book
「勇気を出す」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「勇気を出す」の意味
  • 「勇気を出す」の表現の使い方
  • 「勇気を出す」を使った例文と意味を解釈
  • 「勇気を出す」の類語や類義語


「勇気を出す」の意味

「勇気を出す」とは、物事を恐れずに強い気持ちを表面に表すことを言います。

  • 「勇気を出す」の読み方

「勇気を出す」の読み方

「勇気を出す」の読み方は、「ゆうきをだす」になります。



「勇気を出す」の表現の使い方

「勇気を出す」を使った表現を紹介します。

「勇気を出す」「勇気」とは物事を恐れない強い心のことで、勇ましさといった意味になります。

「出す」は複数の意味がある言葉ですが「勇気を出す」の場合は、心の中にあるものを表面に見せるという意味合いとなります。

本当は怖いけれど、頑張ろうとすること、不安はあるが強気で物事に取り組もうとすることなどに「勇気を出す」という言葉を使うのです。

「これ以上、隠すわけにもいかないので正直に報告する勇気を出す」「恐れずに勇気を出すんだ」「この年で、新しいことを始めることは不安だらけだが、家族の為だと何とか勇気を出す」「公表するのが遅くなったのは、勇気を出す時間が必要だったからです」などと使います。

「勇気を出す」を使った例文と意味を解釈

「勇気を出す」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「勇気を出す」を使った例文1
  • 「勇気を出す」を使った例文2

「勇気を出す」を使った例文1

「勇気を出すことは時には必要だが、この件に関しては黙っている方がみんなの為だと思う」

「勇気を出す」とは、本来ならば表に出したくない気持ち、心を表すことを言います。

例文は、恐れずに言うことは必要だが、今回は言わない方がみんなにとって都合が良いという意味合いのことを言っているのです。

「勇気を出す」を使った例文2

「まったく自信はないが、思い切って勇気を出すことにした」

「勇気を出す」とは物事を恐れずに、強い心で表すことを言います。

例文は自信がないことではあるが、恐れずに頑張ってみると言い表しているのです。



「勇気を出す」の類語や類義語

「勇気を出す」の類語や類義語を紹介します。

  • 「自分を奮い立たせる」【じぶんをふるいたたせる】
  • 「自身を鼓舞する」【じしんをこぶする】

「自分を奮い立たせる」【じぶんをふるいたたせる】

「自分を奮い立たせる」とは、自分で何かをしようという気力をみなぎらせること、勇気を持つことを言います。

「ここで言わなくていつ言うのだと、自分を奮い立たせる」「絶対に負けないぞと自分を奮い立たせるも、緊張でどうかなりそうだ」などと使います。

「自身を鼓舞する」【じしんをこぶする】

「自身を鼓舞する」とは、自分で自分を励まして、勢いづけること、奮い立たせることを言います。

「当時は、絶対に勝ちあがってみせると、自身を鼓舞する毎日だった」「大丈夫、私なら何とかやれると、自身を鼓舞する癖をつけた」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「勇気を出す」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。