意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ブッキング」の意味とは!類語や例文!オーバーブッキングについても解釈

ビジネスや日常会話で「ブッキング」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

ブッキング

Meaning-Book
「ブッキング」の意味とは!類語や例文!オーバーブッキングについても解釈>


目次

  • 「ブッキング」とは?意味
  • 「ブッキング」の表現の使い方と注意点!
  • 「ブッキング」を使った例文と意味を解釈
  • 「ブッキング」の類語や類義語


「ブッキング」とは?意味

「ブッキング」の意味は以下の3つです。

1つ目は「経理で帳簿に記入すること」という意味で、取引を会計上の勘定科目別に分けて帳簿上に転記することを言います。

2つ目は「航空券やホテルなどを予約すること」という意味で、日にちを決めて自分の使用分として座席や部屋を押さえることを言います。

3つ目は「イベント運営側と出演者がスケジュール調整や企画の調整を行い、出演予約をすること」という意味で、テレビやラジオの番組に、タレントが出演の予定を組んだり、インタビューの予定を入れたり、ライブハウスの出演予定者を組み合わせることなどを言います。

  • 「ブッキング」の由来

「ブッキング」の由来

「ブッキング」は英語の“booking”が日本語化した言葉です。

“book”は名詞だと「本」という意味ですが、動詞の場合は「記帳する」「予約する」という意味があります。

この“book”を動名詞化して“booking”にした言葉が「ブッキング」の由来です。



「ブッキング」の表現の使い方と注意点!

「ブッキング」の表現の使い方を紹介します。

  • オーバーブッキングについても解釈
  • ダブルブッキングとは

オーバーブッキングについても解釈

「オーバーブッキング」とは、「航空会社が座席数よりも多くの乗客の予約を受け付けること」という意味です。

航空会社では、キャンセルが出ることを見込んで、実際の座席数よりも多くの予約を受け付けることがあります。

ところが当日にキャンセル数が少なく、座席数が足りなくなってしまうことを「オーバーブッキング」というのです。

ダブルブッキングとは

「ダブルブッキング」「オーバーブッキング」は全く意味が違います。

「ダブルブッキング」とは、1つの予約枠に2つの予約が入ってしまうことです。

オーバー(過剰)ではなく、ダブル(2重)の予約を表します。

「ブッキング」を使った例文と意味を解釈

「ブッキング」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「ブッキング」を使った例文1
  • 「ブッキング」を使った例文2

「ブッキング」を使った例文1

「ブッキングのミスでホテルが予約できていなかった」

予約する時に日にちを間違えたり、システムのミスなどで、予約を取り消されてしまったことを表しています。

「ブッキング」を使った例文2

「ライブハウスにブッキングした」

ライブハウスに出演する予約を入れたことを表しています。



「ブッキング」の類語や類義語

「ブッキング」の類語や類義語を紹介します。

  • 「仕訳」【しわけ】
  • 「付け込み」【つけこみ】

「仕訳」【しわけ】

「取引を帳簿上に借方・貸方に分けて記帳すること」という意味です。

「付け込み」【つけこみ】

「帳簿に記入すること」「座席を予約すること」という意味です。

icon まとめ

「ブッキング」「経理で帳簿に記入すること」「航空券やホテルなどを予約すること」「出演予約をすること」の3つの意味があります。

シーンに合わせて使い分ける様にしましょう。