意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「手頃」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「手頃」という言葉は日常会話などでもわりと頻繁に使う機会が多いのではないでしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「手頃」という言葉の理解を深めていきましょう。

手頃

Meaning-Book
「手頃」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「手頃」の意味
  • 「手頃」の表現の使い方
  • 「手頃」を使った例文と意味を解釈
  • 「手頃」の類語や類義語


「手頃」の意味

「手頃」とは手で扱うのに、ちょうどいい大きさ、重さであることという意味と、自分の能力、状況にちょうど合っている、ふさわしいことという意味の二通りがあります。

  • 「手頃」の読み方

「手頃」の読み方

「手頃」の読み方は、「てごろ」になります。



「手頃」の表現の使い方

「手頃」の表現の使い方を紹介します。

「手頃」とは二通りの意味があります。

まず手で扱うのにちょうどいい大きさ、重さという意味です。

例えば「手頃な石を拾う」「手頃な長さ」などと使います。

また自分の能力、状況にふさわしいという意味合いもありますが、その場合は「お手頃な値段なので買ってきた」「手頃な相手だと思って練習相手になってもらえるようにお願いした」などと使います。

どちらの「手頃」の意味もちょうどいいというのは共通していますので、覚えておくといいでしょう。

「手頃」を使った例文と意味を解釈

「手頃」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「手頃」を使った例文1
  • 「手頃」を使った例文2

「手頃」を使った例文1

「手頃な値段だからと言って、いくつも買えばそれなりの値段になるので気をつけなければならない」

「手頃な値段」とは、自分の収入に合っている、ふさわしい値段という意味で、一般的には、安い値段である時に使います。

しかしいくら安いからと言ってもいくつも買えば、高額になるということを例文は言い表しているのです。

「手頃」を使った例文2

「僕なんて手頃な遊び相手だと思われていただけだ、そう思ったらますます惨めになる」

「手頃な遊び相手」とは、状況にちょうど合っている、都合がいい遊び相手という意味で、人に対して使うには失礼な言い方です。

例文は自分が人から利用されたということを自虐的に「手頃な遊び相手」と言っているのです。



「手頃」の類語や類義語

「手頃」の類語や類義語を紹介します。

  • 「適切」【てきせつ】
  • 「値頃」【ねごろ】
  • 「持って来い」【もってこい】

「適切」【てきせつ】

「適切」とはぴったりと当てはまる、ふさわしいという意味になります。

「適切な指導をしていない」「適切な表現をしてください」などと使います。

「値頃」【ねごろ】

「値頃」とは値段が、買うにあたってちょうどいいという意味ですが、ようするに安い時に使います。

「これは値頃だった」「値頃感がすごくある」などと使います。

「持って来い」【もってこい】

「持って来い」とはそのことに対して、もっとも適当であること、あつらえむきという意味になります。

「静かに勉強したいなら図書館は持って来いの場所じゃないか」「彼に、営業の仕事は持って来いだ」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「手頃」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。