意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「やり過ぎる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「やり過ぎる」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「やり過ぎる」という言葉の理解を深めていきましょう。

やり過ぎる

Meaning-Book
「やり過ぎる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「やり過ぎる」の意味
  • 「やり過ぎる」の表現の使い方
  • 「やり過ぎる」を使った例文と意味を解釈
  • 「やり過ぎる」の類語や類義語


「やり過ぎる」の意味

「やり過ぎる」とは度を越えて、物事をする、し過ぎるという意味になります。

  • 「やり過ぎる」の読み方

「やり過ぎる」の読み方

「やり過ぎる」の読み方は、「やりすぎる」になります。



「やり過ぎる」の表現の使い方

「やり過ぎる」の表現の使い方を紹介します。

「やり過ぎる」とは度を越えて物事をすること、し過ぎることを言います。

例えば一生懸命仕事をすることを「仕事をやり過ぎるのは体に毒だ」などと表現します。

度を越した言動のことは「やり過ぎる」となると覚えておくとわかりやすいでしょう。

「運動をやり過ぎるのは良くない」「ダイエットをやり過ぎると体を壊す」「負けず嫌いでやり過ぎるのは君の悪い癖だ」などと使います。

「やり過ぎる」を使った例文と意味を解釈

「やり過ぎる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「やり過ぎる」を使った例文1
  • 「やり過ぎる」を使った例文2

「やり過ぎる」を使った例文1

「仕事をやり過ぎると、翌日疲れて何もできなくなるだけだ」

仕事を、自分の体力、気力の限界を超えるまですることを「仕事をやり過ぎる」と表現します。

しかし、そのようなことをしますと結局次の日に疲労が溜まり、良くないということを例文は言い表しているのです。

「やり過ぎる」を使った例文2

「トレーニングをやり過ぎるのは禁物で、休養も必要だ」

トレーニングなどは沢山すればいいものではありません。

度を越えた練習は、体に負担をかけ過ぎることになり、故障を招くなどリスクがあるのです。

例文は、体力の限界を超えた練習をすることを「やり過ぎる」と言い表しています。



「やり過ぎる」の類語や類義語

「やり過ぎる」の類語や類義語を紹介します。

  • 「勇み足をする」【いさみあしをする】
  • 「度が過ぎる」【どがすぎる】

「勇み足をする」【いさみあしをする】

「勇み足をする」「勇み足」とはもともと、相撲において相手を土俵際まで追い詰めた力士が、勢い余り相手よりも自分が先に土俵の外に足を出して負けることを言います。

そこから、熱心なあまりに言動の度が超えること、失敗をすることを「勇み足をする」と言います。

「彼も焦りがあったのか、こんな勇み足をするとは思わなかった」「彼も若いだけに、勇み足をする癖があるがもっと冷静になってもらわないと困る」などと使います。

「度が過ぎる」【どがすぎる】

「度が過ぎる」とは普通の程度を甚だしく超えていることを言います。

「いくら無礼講とは言っても、このような振舞いは度が過ぎるというものだ」「冗談にしては、度が過ぎるぞ」「彼女たちの言動は最近度が過ぎる、注意できる者は誰もいないのか」という風に使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「やり過ぎる」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。