意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「予定を合わせる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

ビジネスや日常会話で「予定を合わせる」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

予定を合わせる

Meaning-Book
「予定を合わせる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「予定を合わせる」の意味
  • 「予定を合わせる」の表現の使い方
  • 「予定を合わせる」を使った例文と意味を解釈
  • 「予定を合わせる」の類語や類義語


「予定を合わせる」の意味

「予定を合わせる」の意味は以下の2つです。1つ目は「自分がこれからやると決めていることやその日程を、相手の都合のいい日と同じにすること」という意味です。

何かの目的で相手と一緒に行動することになった場合、相手の都合にいい日に決めることを言います。

2つ目は「お互い、或いは数人で話し合って、内容や日にちを決めること」という意味です。

こちらは一方的に一人の都合に合わせるのではなく、皆で話し合い、納得のいく様にやることや日程を決めることを言います。

  • 「予定を合わせる」の読み方
  • 「予定を合わせる」を分解して解釈

「予定を合わせる」の読み方

「予定を合わせる」の読み方は、「よていをあわせる」になります。

特に難しい漢字ではないので読み書きできる様にしておきましょう。

「予定を合わせる」を分解して解釈

「予定を合わせる」「予定+を(助詞)+合わせる」で成り立っています。

「予定」とは、「前もって行事や行動を決めること」「前もって見込みを付けること」という意味です。

「合わせる」「2つ以上のものを1つにする」「合計する」「食い違いの内容に一致させる」「釣り合う様にする」「正しいかどうか照らし合わせる」「対抗する」という意味があります。

これらの言葉が組み合さり「前もって行事や行動をお互いに一致させる」という意味で使われています。



「予定を合わせる」の表現の使い方

「予定を合わせる」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • 2人以上に使われる

文法的な使い方

「予定を合わせる」は動詞を含んだ表現であり、文末にそのまま使えます。

副詞として使う時には「予定を合わせて」になります。

2人以上に使われる

「予定を合わせる」は、2人或いはそれ以上で行事や行動をする時に使います。

この言葉を使った人は、状況次第では譲歩するつもりがあるというニュアンスが含まれます。

「予定を合わせる」を使った例文と意味を解釈

「予定を合わせる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「予定を合わせる」を使った例文1
  • 「予定を合わせる」を使った例文2

「予定を合わせる」を使った例文1

「GWに旅行する為に、皆で休暇の予定を合わせた」

友達同士でGWに旅行することに決めて、それぞれの休暇日程を同じ日にしたことを表しています。

「予定を合わせる」を使った例文2

「子供の入学式に仕事の予定を合わせる」

子供の入学式に引率する必要があるので、仕事の日程を調整して休みが取れる様にすることを表しています。



「予定を合わせる」の類語や類義語

「予定を合わせる」の類語や類義語を紹介します。

  • 「融通を利かせる」【ゆうづうをきかせる】
  • 「都合を付ける」【つごうをつける】

「融通を利かせる」【ゆうづうをきかせる】

「あらかじめ決められた通りにではなく、状況に応じて対応できること」という意味です。

「都合を付ける」【つごうをつける】

「日程や金銭をやりくりしてものごとが上手くいく様にすること」という意味です。

icon まとめ

「予定を合わせる」「自分がこれからやると決めていることやその日程を、相手の都合のいい日と同じにすること」「お互い、或いは数人で話し合って、内容や日にちを決めること」という意味があります。

何とか調整してものごとが実現できる様にする時に使いましょう。