意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「天寿を全う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「天寿を全う」という表現は「私の曽祖父は、見事に天寿を全うしました」などの文章で使われますが、「天寿を全う」の表現はどんな意味を持っているのでしょうか?

「天寿を全う」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

天寿を全う

Meaning-Book
「天寿を全う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「天寿を全う」の意味
  • 「天寿を全う」の表現の使い方
  • 「天寿を全う」を使った例文と意味を解釈
  • 「天寿を全う」の類語や類義語


「天寿を全う」の意味

「天寿を全う」という表現は、「天から与えられた寿命を、すべて残らずに使い果たすこと」を意味しています。

「全う」とは、「すべて使い切ること・完全にやり終えること」を意味する表現です。

「天寿を全う」というのは、「病気・怪我・事件事故などによって死ぬのではなく、寿命が燃え尽きて自然死(老衰死)すること」「天から授かった寿命を使い切って死ぬこと」を意味している表現です。

  • 「天寿を全う」の読み方

「天寿を全う」の読み方

「天寿を全う」の読み方は、「てんじゅをまっとう」になります。



「天寿を全う」の表現の使い方

「天寿を全う」の表現の使い方を紹介します。

「天寿を全う」の表現の使い方は、「病気や怪我、事件などによって死亡するのではなく、自然死した時」に使う使い方になります。

例えば、「愛犬が昨夜、天寿を全うしてこの世を去りました」などの文章で使えます。

「天寿を全う」を使った例文と意味を解釈

「天寿を全う」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「天寿を全う」を使った例文1
  • 「天寿を全う」を使った例文2

「天寿を全う」を使った例文1

「私は天寿を全うして死ぬことができれば、それだけでも幸せではないかと考えているのです」

この「天寿を全う」を使った例文は、「天寿を全う」の表現を、「私は天から授かった寿命をすべて使い果たして死ぬことができれば」という意味合いで使っています。

「天寿を全う」を使った例文2

「社会貢献をしながら大勢の人のために尽くして生きた彼は、天寿を全うしました」

この「天寿を全う」を使った例文は、「大勢の人のために尽くして生きた彼は、病死や事故死などではなく(寿命が尽きて)自然死しました」という意味を持つ文脈で、「天寿を全う」の表現を使用しています。



「天寿を全う」の類語や類義語

「天寿を全う」の類語や類義語を紹介します。

  • 「寿命が尽きる」【じゅみょうがつきる】
  • 「大往生を遂げる」【だいおうじょうをとげる】

「寿命が尽きる」【じゅみょうがつきる】

「天寿を全う」という表現は、「天から与えられている寿命がすべて尽きて死ぬこと」を意味しています。

この意味合いから、「天寿を全う」とほとんど同じような意味を持つ類語(シソーラス)として、「寿命が尽きる」の表現を指摘できます。

「大往生を遂げる」【だいおうじょうをとげる】

「大往生を遂げる」という言葉は、「天寿(寿命)を使い切って、苦しみも少なく立派な死に方をすること」を意味しています。

その意味から、「大往生を遂げる」の表現を、「苦しんで死ぬ病死や事故死などではなく、自然死すること」を示す「天寿を全う」と類似した意味合いを持っている類義語として考えることができます。

icon まとめ

この記事で解説した「天寿を全う」の表現には、「天から授かった寿命を、すべて使い切って亡くなること」などの意味があります。

「天寿を全う」の類語・類義語として、「寿命が尽きる」「大往生を遂げる」などがあります。

「天寿を全う」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。