意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「役目を担う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「役目を担う」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「役目を担う」という言葉の理解を深めていきましょう。

役目を担う

Meaning-Book
「役目を担う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「役目を担う」の意味
  • 「役目を担う」の表現の使い方
  • 「役目を担う」を使った例文と意味を解釈
  • 「役目を担う」の類語や類義語


「役目を担う」の意味

「役目を担う」とは、自分の役として、何か務めを負担すること、引き受けることを言います。

  • 「役目を担う」の読み方

「役目を担う」の読み方

「役目を担う」の読み方は、「やくめをになう」になります。



「役目を担う」の表現の使い方

「役目を担う」を使った表現を紹介します。

「役目を担う」「役目」とは、自分の役割り、好む好まないとは別として役として果たさなければならないといった物事を言います。

そして「担う」とは責任を持って引き受けることで、負担するというといった意味合いがある言葉です。

以上のことから「役目を担う」とは何かしらの果たさなければならない役を背負うということになります。

それはいい事、名誉である事でもありますし、場合によっては負担が大きいだけの仕事かもしれません。

どちらの意味合いにも「役目を担う」という言い回しは使います。

前後にある言葉、その場の雰囲気からどういった意味合いなのか判断する必要があります。

「ボランティア活動と言っても、地域を守るという役目を担う大事な仕事だ」「彼女は、母親なのはもちろんだが、父親としての役目も担っている」などと使います。

「役目を担う」を使った例文と意味を解釈

「役目を担う」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「役目を担う」を使った例文1
  • 「役目を担う」を使った例文2

「役目を担う」を使った例文1

「責任者としての役目を担うこととなったが、冷静に考えれば厄介な仕事を押し付けられただけのような気もする」

役目とは、自分の責任において果たさなければならないことであり、担うとは肩でかつぐという意味もありますように、自分の身に引き受けることです。

負担するという意味合いもありますので例文のように厄介な仕事、大変な仕事といった時にこのような言い回しをすることとなります。

「役目を担う」を使った例文2

「これは、ただの雑貨じゃなくて防災グッズとしての役目を担う物なのです」

「役目を担う」とは、ある役割りを引き受けるという意味になります。

例文の場合は、単なる雑貨ではなく、防災グッズとしての役目もあるのだという意味となります。



「役目を担う」の類語や類義語

「役目を担う」の類語や類義語を紹介します。

  • 「果たすべき務め」【はたすべきつとめ】
  • 「役目を引き受ける」【やくめをひきうける】

「果たすべき務め」【はたすべきつとめ】

「果たすべき務め」とは、しなければならない任務、義務といった意味になります。

「これは私が果たすべき務めだと思っている」「果たすべき務めを放棄しておきながら、今さら何を言うのだ」などと使います。

「役目を引き受ける」【やくめをひきうける】

「役目を引き受ける」とは、自分の役割りとして行動することを言います。

「くじで、この役目を引き受けることとなった」「役目を引き受けることは、軽い気持ちからではない」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「役目を担う」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。