意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ニーズを探る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「ニーズを探る」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「ニーズを探る」という言葉の理解を深めていきましょう。

ニーズを探る

Meaning-Book
「ニーズを探る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「ニーズを探る」の意味
  • 「ニーズを探る」の表現の使い方
  • 「ニーズを探る」を使った例文と意味を解釈
  • 「ニーズを探る」の類語や類義語


「ニーズを探る」の意味

「ニーズを探る」とは、必要性、要求といった目には見えない考えなどを、探したり、調べたりすることを言います。

  • 「ニーズを探る」の読み方

「ニーズを探る」の読み方

「ニーズを探る」の読み方は、「にーずをさぐる」になります。



「ニーズを探る」の表現の使い方

「ニーズを探る」を使った表現を紹介します。

「ニーズを探る」とはわりとよく使われる言葉です。

意味は簡単に言うならば必要、要求を調べるといったことになります。

例えば仕事などにおいて、新しい物を作る時はまずそれは必要な物なのか、どういった人から求められているか、また要求される内容とは何かといったことを下調べすることから始めるかと思います。

そのような調べる状態のことを「ニーズを探る」という言い方をします。

物やサービスといったものを売る時には漠然と「いいと思うから」ではなく、まず相手側の「ニーズを探る」ことが大事でしょう。

「今どきの若者のニーズを探る」「シニア世代のニーズを探ることができれば、売り上げ増大が見込める」などと使います。

「ニーズを探る」を使った例文と意味を解釈

「ニーズを探る」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「ニーズを探る」を使った例文1
  • 「ニーズを探る」を使った例文2

「ニーズを探る」を使った例文1

「商売しようと思うなら、自己満足ではなく、買う側が何を欲しているのかニーズを探ることが大事なのだ」

何か、商品を売ろうと思うならば、自分がいいと思う物を選ぶのではなく、買う側が何を好み求めているのか傾向を調べておくことが大事であると例文は言い表しているのです。

こだわりが強くなく、柔軟に対応できる人は商売向きであると言えるでしょう。

「ニーズを探る」を使った例文2

「もっとしっかり顧客のニーズを探ることで、満足してもらうことができるし、売上アップも見込める」

顧客に満足してもらうことで、顧客は定着し、売上アップにも繋がります。

その為にしなくてはならないことが、顧客が何を必要としているか、また欲しがっているサービスとはどのようなことかを知ることなのです。



「ニーズを探る」の類語や類義語

「ニーズを探る」の類語や類義語を紹介します。

  • 「リサーチする」【りさーちする】
  • 「需要を調べる」【じゅようをしらべる】

「リサーチする」【りさーちする】

「リサーチする」とは、調べること、調査することという意味です。

「うちの客にリサーチするのはやめて下さい」「今どのようなものが流行っているのか、実際に街に出てリサーチする必要がある」などと使います。

「需要を調べる」【じゅようをしらべる】

「需要を調べる」とは必要として求められているものを調べるという意味になります。

「40代女性の需要を調べる」「需要を調べることは、次に販売する商品を決めるヒントとなる」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「ニーズを探る」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。