意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「歴代」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「歴代」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「歴代」という言葉の理解を深めていきましょう。

歴代

Meaning-Book
「歴代」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「歴代」の意味
  • 「歴代」の表現の使い方
  • 「歴代」を使った例文と意味を解釈
  • 「歴代」の類語や類義語


「歴代」の意味

「歴代」とは、ある地位にある者の代々という意味になります。

  • 「歴代」の読み方

「歴代」の読み方

「歴代」の読み方は、「れきだい」になります。



「歴代」の表現の使い方

「歴代」を使った表現を紹介します。

「歴代」とはある地位、例えば、社長、総理大臣、部長など色々とありますが、その立場にある人の代々という意味になります。

「部の同窓会には、歴代の部長が集まる」「歴代の君主の肖像画がある部屋」などと使います。

つまり「歴代」とは一人のことではなく、複数の人を表しているわけです。

最低でも二人以上ということだと、併せて覚えておくといいでしょう。

他には「歴代首相の名前を覚えておく」「歴代の中でも俺が一番だったという伝説を残したい」「歴代の会長の写真が飾ってあったが、一人だけ欠けていたのは何故だろうか」という風に使います。

「歴代」を使った例文と意味を解釈

「歴代」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「歴代」を使った例文1
  • 「歴代」を使った例文2

「歴代」を使った例文1

「歴代の会長が続けてきた習慣とは聞きましたが、私はそれを踏襲するつもりはないのです」

「歴代」とはある地位にある者の代々という意味になりますので、例文の場合は代々の会長ということを言い表しているのです。

これまでの代々の会長が続けていた習慣を、自分の代ではしないと言っているわけです。

「歴代」を使った例文2

「歴代部長の中でも、今回が一番悪いと社員たちは陰口を言っている」

例文は、これまでの何人かの部長たちという意味で「歴代部長」という言い方をしています。

何人かいた部長の中で、今回の部長が一番悪いという意見が出ていると言い表しているのです。

この場合の「歴代」とは王朝などに比べますと、それほど長い期間や、人数ではないと思われますが、そのような場合でも「歴代」という言葉を使っても差し支えはないでしょう。



「歴代」の類語や類義語

「歴代」の類語や類義語を紹介します。

  • 「代々」【だいだい】
  • 「脈々」【みゃくみゃく】

「代々」【だいだい】

「代々」とは、何代にも渡って続いているという意味になります。

また「代々」という言葉を副詞的に使うこともできます。

「代々の社長たちの努力」「代々の天皇の名前を暗記しておく」「代々、続けてきたイベントでしたが、資金不足で今年はできなくなりました」などと使います。

「脈々」【みゃくみゃく】

「脈々」とは物事が途絶えることなく、力強く続いているという意味で使う言葉です。

「私が引退しても、伝統は脈々と受け継がれていくと信じています」「この慣習は、地域に脈々と息づいている」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「歴代」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。