意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「脈々」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「脈々」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「脈々」という言葉の理解を深めていきましょう。

脈々

Meaning-Book
「脈々」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「脈々」の意味
  • 「脈々」の表現の使い方
  • 「脈々」を使った例文と意味を解釈
  • 「脈々」の類語や類義語


「脈々」の意味

「脈々」とは、途絶えずに、力強く続いていることを言う言葉です。

  • 「脈々」の読み方

「脈々」の読み方

「脈々」の読み方は、「みゃくみゃく」になります。



「脈々」の表現の使い方

「脈々」の表現の使い方を紹介します。

「脈々」とは途絶えずに、力強く続いていることを表す言葉です。

一般的には、あまり大々的なものでなく、地味であっても確実に続いているといったことに使います。

よく使われる言い方が「伝統が脈々と息づいている」「脈々と受け継がれてきた」といったものになります。

「脈々」を使った例文と意味を解釈

「脈々」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「脈々」を使った例文1
  • 「脈々」を使った例文2

「脈々」を使った例文1

「少数ではあるが愛好者によって、この技法は脈々と受け継がれている」

技術、技法といったものが、マイナーではあっても長い間途切れることなく受け継がれていく、その様子を「脈々」という言葉で言い表しています。

「脈々」を使った例文2

「支店を出すこともなく地味な営業を脈々と続けてきた」

経営を細々と長く続けてきたということを「脈々」という言葉で表現します。

大規模ではないのですが、地道、堅実にといったことに使われます。



「脈々」の類語や類義語

「脈々」の類語や類義語を紹介します。

  • 「継続」【けいぞく】
  • 「継承」【けいしょう】
  • 「連綿」【れんめん】
  • 「連連」【れんれん】

「継続」【けいぞく】

「継続」とはそれ以前からの状態が途切れずに続いていくこと、続けること、また受け継ぐことといった意味で使います。

「営業日は減りますが、店は閉めずに継続していきます」「ダイエットは継続することが大事で、すぐに効果は出ないものだ」などと使います。

「継承」【けいしょう】

「継承」とは、先の人から、身分、権利、義務、財産、技術といったものを受け継ぐことを言います。

「彼が継承者として選ばれたらしい」「継承したものを、次に繋げていくという責任もある」などと使います。

「連綿」【れんめん】

「連綿」とは、途絶えずに長く続くことをいいます。

「連綿と続く伝統行事を我々の代で終わらせるわけにはいかない」「連綿と続く血統」「書道において、字が切れずに連続して書かれているものを連綿体と言う」という風に使います。

「連連」【れんれん】

「連連」とは、続いていることが、絶えることがないさまを言う言葉です。

「ただ連連と思ったことをノートに書いていく」「人の悪口、噂などを連連と話し続ける人達とは距離を置く」「昔から連連と続いているらしいが、これは本当に今の時代に、必要な行事なのだろうか」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「脈々」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。