意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「大ダメージを受ける」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんは「大ダメージを受ける」という表現を色々な場面で耳にしたり、実際に使った経験があるかと思います。

この言葉から受けるニュアンスは、深い傷を負って立ち直れない印象があります。

そこで今回は、この「大ダメージを受ける」について説明をしていくことにします。

大ダメージを受ける

Meaning-Book
「大ダメージを受ける」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「大ダメージを受ける」とは?意味
  • 「大ダメージを受ける」の表現の使い方
  • 「大ダメージを受ける」を使った例文と意味を解釈
  • 「大ダメージを受ける」の類語や類義語


「大ダメージを受ける」とは?意味

「ダメージ」には、「損害」「被害」、あるいは「痛手」という意味があるので、「大ダメージを受ける」とは、「深い傷を負うこと」「復活することができない程の大きな傷を追うこと」などの意味になっていきます。



「大ダメージを受ける」の表現の使い方

「大ダメージを受ける」は、「立ち直ることができない程の傷を負う」という意味があるので、トラブルや事故に巻き込まれて、全く動けないような場面などで使われることになります。

「大ダメージを受ける」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「大ダメージを受ける」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「大ダメージを受ける」を使った例文1
  • 「大ダメージを受ける」を使った例文2

「大ダメージを受ける」を使った例文1

「今回の台風で大ダメージを受けてしまい、農作物が全滅してしまった。もはや再起不能に追い込まれている」

農業は自然の恵みによる恩恵となりますが、天候不順により農作物が「大ダメージを受ける」と、もはや来年の作物の出来映えに大きな影響を及ぼすことに?なってしまいます。

「大ダメージを受ける」を使った例文2

「昨年から続く半導体の価格高騰で製品のコストアップにつながってしまった。そのために当社の経営は大ダメージを受けることになった」

製品の部品が高騰すると、それが製品そのもののコストアップにもつながっていくことがあります。

そのために企業の経営に「大ダメージを受ける」ことになり、大変なことになりかねません。



「大ダメージを受ける」の類語や類義語

「大ダメージを受ける」を他の言葉で、言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「深手を負う」【ふかでをおう】
  • 「致命的な傷を負う」【ちめいてきなきずをおう】

「深手を負う」【ふかでをおう】

「深戸を負う」「大ダメージを受ける」の類義語として扱うことができます。

「治癒するまでに長くかかってしまう程の深い傷を負ってしまう」という意味になりますが、「再起不能になる」という意味で解釈することもできるでしょう。

「致命的な傷を負う」【ちめいてきなきずをおう】

「致命的な傷を負う」「大ダメージを受ける」と同じ解釈ができる表現です。

「命を落としてもおかしくはない程の部怪我をすること」という意味になります。

icon まとめ

ビジネスの世界では、成功もあれば失敗もあります。

その中で「大ダメージを受ける」ことで、再起不能、すなわち倒産の憂き目に遭うケースも少なくありません。

そのために企業では、1つひとつの仕事に対して、厳しいチェックを求めることがたくさんあります。

そのために作業効率が悪くなってしまうことになるのですが、これも企業存続のためには避けては通れないことなのです。