意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「予定を立てる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「予定を立てる」という表現は「予定を立ててから行動する習慣がついています」などの文章で使われますが、「予定を立てる」にはどのような意味があるのでしょうか?

「予定を立てる」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

予定を立てる

Meaning-Book
「予定を立てる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「予定を立てる」の意味
  • 「予定を立てる」の表現の使い方
  • 「予定を立てる」を使った例文と意味を解釈
  • 「予定を立てる」の類語や類義語


「予定を立てる」の意味

「予定を立てる」という表現は、「あらかじめ、将来のある時点でどんな行動をするのかの計画を立てておくこと」を意味しています。

「予定を立てる」というのは、「前もって何月何日に、どんなイベント(行事)に参加するのかやどんな行動(仕事)をするのかを決めておくこと」を意味している表現です。

  • 「予定を立てる」の読み方

「予定を立てる」の読み方

「予定を立てる」の読み方は、「よていをたてる」になります。



「予定を立てる」の表現の使い方

「予定を立てる」の表現の使い方を紹介します。

「予定を立てる」の表現の使い方は、「将来のある時点でどんな行動をするのかについて、あらかじめ決めておく場合」に使うという使い方になります。

例えば、「来週の土曜日は、友達とバーベキューをする予定を立てています」といった文章で、「予定を立てる」の表現を使用することができます。

「予定を立てる」を使った例文と意味を解釈

「予定を立てる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「予定を立てる」を使った例文1
  • 「予定を立てる」を使った例文2

「予定を立てる」を使った例文1

「今年の夏休みは、家族みんなで海外旅行に行く予定を立てていました」

この「予定を立てる」を使った例文は、「家族みんなで海外旅行に行くことを、事前に決めていました」という意味を持つ文章で、「予定を立てる」という表現を使っています。

「予定を立てる」を使った例文2

「せっかく彼氏と一緒にコンサートに行く予定を立てていたのに、その日は仕事で行けなくなりました」

この「予定を立てる」を使った例文は、「予定を立てる」という表現を、「せっかく彼氏と一緒にコンサートに行くことを、あらかじめ計画して決めていたのに」という意味合いで使用しています。



「予定を立てる」の類語や類義語

「予定を立てる」の類語や類義語を紹介します。

  • 「スケジュールを立てる」【すけじゅーるをたてる】
  • 「事前に計画する」【じぜんにけいかくする】

「スケジュールを立てる」【すけじゅーるをたてる】

「予定を立てる」という表現は、「未来のある日時にどんな活動・行動をするのかについて、スケジュールを立てること」を意味しています。

「スケジュールを立てる」というのは、「事前にその時点で何をするのかについて、計画して予定を立てること」を意味する言葉です。

その意味から、「スケジュールを立てる」という表現は、「予定を立てる」の類語(シソーラス)になっているのです。

「事前に計画する」【じぜんにけいかくする】

「予定を立てる」という言葉は、「事前にその日時に何をするのかについて、計画して決めておくこと」を意味しています。

「事前に計画する」というのは、「前もって手順・方法を考えて用意すること」を意味する表現です。

それらの意味合いから、「予定を立てる」と類似の意味を持っている類義語として、「事前に計画する」という表現を指摘できるのです。

icon まとめ

この記事で解説した「予定を立てる」の表現には、「将来のある時点(日時)でどんな行動をするのかの計画を、前もって立てておくこと」などの意味があります。

「予定を立てる」の類語・類義語として、「スケジュールを立てる」「事前に計画する」などがあります。

「予定を立てる」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。