意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「役割を担う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「役割を担う」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「役割を担う」という言葉の理解を深めていきましょう。

役割を担う

Meaning-Book
「役割を担う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「役割を担う」の意味
  • 「役割を担う」の表現の使い方
  • 「役割を担う」を使った例文と意味を解釈
  • 「役割を担う」の類語や類義語


「役割を担う」の意味

「役割を担う」とは役目を引き受けること、何かの期待を受けて背負っているという意味になります。

  • 「役割を担う」の読み方

「役割を担う」の読み方

「役割を担う」の読み方は、「やくわりをになう」になります。



「役割を担う」の表現の使い方

「役割を担う」を使った表現を紹介します。

「役割を担う」「役割」とは、役目をそれぞれの人に割り当てること、また割り当てられた役目のことでもあります。

組織の中で自分に期待されている行動のことも「役割」と言うでしょう。

そして「担う」ですが、これは動詞で肩で支えるということで、物を担ぐことという意味があります。

それとは別に、自分が引き受けること、負担すること、責任などを背負うことも「担う」と言うのです。

つまり「役割を担う」とは何かしらの役目を背負っていること、と解釈するとわかりやすいでしょう。

「彼は真面目に、責任者としての役割りを担っている」「ここは、単に飲食する場ではなく情報交換やサポートをする役割を担う店なのだ」などと使います。

「役割を担う」を使った例文と意味を解釈

「役割を担う」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「役割を担う」を使った例文1
  • 「役割を担う」を使った例文2

「役割を担う」を使った例文1

「彼女は立場的にはアルバイトだが、この店の中心的な役割を担う人だ」

例文は、彼女はある店において正式なスタッフではないが、事実上は中心人物として任されているという意味を「役割を担う」という言葉で言い表しているのです。

「役割を担う」を使った例文2

「そのような経緯から、彼は彼女を支えるスタッフとして、重要な役割を担うこととなった」

役目を任されること、責任ある立場にいることを「役割を担う」という言い方で表します。



「役割を担う」の類語や類義語

「役割を担う」の類語や類義語を紹介します。

  • 「責務を負う」【せきむをおう】
  • 「任務を任される」【にんむをまかされる】

「責務を負う」【せきむをおう】

「責務を負う」とは、自分の責任として、しなければならない物事であるという意味になります。

またそのような仕事の責任者であるということでもあります。

「まさかこの年で、このような重大な責務を負うことになるとは思いもしなかった」「責務を負う覚悟もないならこの件には関わらないで欲しい」などと使います。

「任務を任される」【にんむをまかされる】

「任務を任される」とは自分に「しなさい」と言われた仕事、責任を持って果たす仕事という意味になります。

「上司から、重要な任務を任される」「任務を任されたが、大きなプレッシャーだ」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「役割を担う」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。