意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「同時接続数」とは?意味!例文も解釈

この「同時接続数」は、ネットゲームでよく見聞きする言葉です。

同時接続数

Meaning-Book
「同時接続数」とは?意味!例文も解釈>


目次

  • 「同時接続数」とは?
  • 「同時接続数」の概要
  • 「同時接続数」を使った例文と解釈


「同時接続数」とは?

「同時接続数」とは、言葉のまま「同時に接続できる数」のことです。

これが100だとすると、100人が接続していれば、それ以降に接続を試みてもそれは行えません。

要は接続におけるキャパシティになり、ゲームのサーバーであれば、その人数まで同時にそのサーバーに接続して遊べるということになります。



「同時接続数」の概要

「同時接続数」は多いほどいいというものでもないのが難しいところです。

ゲームサーバーでは、これが多いほど基本的に負担が掛かることになるので、一時的なフリーズが起こったり、時には負荷の為に落ちてしまう原因にもなります。

その為、ハードの性能的に多少余裕のある数字に設定されているもので、本当は200程度まで同時に接続できるところを150と(ソフト的にそれ以上は接続できないように)しているような場合がほとんどです。

「同時接続数」を使った例文と解釈

「同時接続数」を使った例文と、その意味の解釈です。

同じゲームでも、サーバーによってこの数が違うことがあります。

  • 「同時接続数」を使った例文1
  • 「同時接続数」を使った例文2

「同時接続数」を使った例文1

「第1サーバーは同時接続数が300だが、2や3は150までだ」

どのゲームでも、メインに使われているのは第1サーバー(に該当するサーバー)でしょう。

よって、それには一番ハード的に強固なものが使用されており、同時接続数も多くなっています。

「同時接続数」を使った例文2

「まだ同時接続数に達していないのに、接続できなかった」

同時接続数が100であれば、98くらいからは接続が難しくなる場合があります。

このような現象は、主に接続しようとした人のタイミングがぶつかり合って、うまく99や100番目として接続できていないことから起こります。



icon まとめ

「同時接続数」が多いサーバーは、それだけは強固なものだと考えていいでしょう。

大手のゲームでは1000人以上が同時に接続できることも珍しくありませんが、それだけインフラ(内部)環境に力を入れているからこそです。