意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「場を設ける」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「場を設ける」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「場を設ける」という言葉の理解を深めていきましょう。

場を設ける

Meaning-Book
「場を設ける」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「場を設ける」の意味
  • 「場を設ける」の表現の使い方
  • 「場を設ける」を使った例文と意味を解釈
  • 「場を設ける」の類語や類義語


「場を設ける」の意味

「場を設ける」とは、何か物事をするにあたって、場所や機会を前もって準備したり、設置することを言います。

  • 「場を設ける」の読み方

「場を設ける」の読み方

「場を設ける」の読み方は、「ばをもうける」になります。



「場を設ける」の表現の使い方

「場を設ける」を使った表現を紹介します。

「場を設ける」「場」とは物事が起こったり、行われたりする所という意味になります。

また物事を行うにあたって、作った場所、機会ということでもあります。

そして「設ける」とは前もって準備をする、作って備える、設置するといった意味がある言葉です。

「今度、話し合いの場を設ける」と言えば、話し合う機会を作る、話し合いできる場所を作ると、どちらの意味でとらえても差し支えないでしょう。

意味合い的には同じとなります。

他には「もっと気楽に意見交換できる場を設けることにしましょう」「日を改めて、また場を設けましょう」「落ち着いて仕事ができるように、場を設けることにした」などと使います。

「場を設ける」を使った例文と意味を解釈

「場を設ける」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「場を設ける」を使った例文1
  • 「場を設ける」を使った例文2

「場を設ける」を使った例文1

「イベント大好きな先輩が、張り切って、飲み会の場を設ける」

前もって、準備をすることを「場を設ける」と言います。

例文のように「飲み会の場を設ける」とは、店の予約をする、会場の飾りつけをする、参加者を集めるといったことになるでしょう。

「場を設ける」を使った例文2

「わざわざ、話し合う為の場を設ける必要はありません、今電話で話してください」

話し合う為の時間を作ること、場所を用意することなどを「場を設ける」と言います。

例文はわざわざ、会って話さなくても、今ここで話をしましょうと言っているわけです。



「場を設ける」の類語や類義語

「場を設ける」の類語や類義語を紹介します。

  • 「空間を作る」【くうかんをつくる】
  • 「機会を作る」【きかいをつくる】

「空間を作る」【くうかんをつくる】

「空間を作る」とは、何かをする場を作るといった意味になります。

「カーテンで区切って、一人の空間を作る」「仕切りを使って、空間を作ることで、プライバシーが守られる」などと使います。

「機会を作る」【きかいをつくる】

「機会を作る」とは、ある行動をする為のチャンス、良い時間などを作ることを言います。

「予定をやりくりして、食事会の機会を作る」「休日は趣味の会に参加して、出会いの機会を作るようにしました」「わざわざ、機会を作っていただいてありがとうございます」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「場を設ける」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。