意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「留守を預かる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「留守を預かる」という表現は「この別荘の留守を預かる人が誰かいるのでしょうか?」などの文章で使われますが、「留守を預かる」の表現はどんな意味を持っているのでしょうか?

「留守を預かる」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

Meaning-Book
「留守を預かる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「留守を預かる」の意味
  • 「留守を預かる」の表現の使い方
  • 「留守を預かる」を使った例文と意味を解釈
  • 「留守を預かる」の類語や類義語


「留守を預かる」の意味

「留守を預かる」という表現は、「主人・家族が出かけてその家を空けている間、留守番(家などの管理)の責任を負うこと」を意味しています。

「留守を預かる」というのは、「その家(建物)の主人(管理者)・家族が不在の間、泥棒が入らないようにしたり建物の管理をしたりして留守番の役目を引き受けること」を意味する表現です。

  • 「留守を預かる」の読み方

「留守を預かる」の読み方

「留守を預かる」の読み方は、「るすをあずかる」になります。



「留守を預かる」の表現の使い方

「留守を預かる」の表現の使い方を紹介します。

「留守を預かる」の表現の使い方は、「その家の主人・管理者・家族がいない間、その家のことをする場合(留守番の役割を引き受ける場合)」に使うという使い方になります。

例えば、「長期の旅行に出かける時には、甥が留守を預かってくれるので安心できます」といった文章で使用することができます。

「留守を預かる」を使った例文と意味を解釈

「留守を預かる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「留守を預かる」を使った例文1
  • 「留守を預かる」を使った例文2

「留守を預かる」を使った例文1

「この家の留守を預かっている人物が、不注意で火事を起こしてしまいました」

この「留守を預かる」を使った例文は、「この家の主人がいない間、留守番の責任を負っている人物が」という意味合いで、「留守を預かる」の表現を使っています。

「留守を預かる」を使った例文2

「留守を預かってくれる親しい人がいないので、なかなか長期の海外旅行に出かけることができません」

この「留守を預かる」を使った例文は、「留守を預かる」という表現を、「自分が家を空けている間、留守番の役割を引き受けてくれる親しい人がいないので」という意味を持つ文脈で使用しています。



「留守を預かる」の類語や類義語

「留守を預かる」の類語や類義語を紹介します。

  • 「留守番の役目を負う」【るすばんのやくめをおう】
  • 「留守の家を管理する」【るすのいえをかんりする】

「留守番の役目を負う」【るすばんのやくめをおう】

「留守を預かる」という表現は、「その家の主人・家族がいない間、留守番の役目・責任を負うこと」を意味しています。

その意味から、「留守番の役目を負う」という表現を、「留守を預かる」とほぼ同じ意味を持つ類語(シソーラス)として解釈できます。

「留守の家を管理する」【るすのいえをかんりする】

「留守を預かる」という言葉は、「その家の主人・管理人が不在の間、その家の防犯・防火・設備維持などの管理をすること」を意味しています。

その意味合いから、「留守を預かる」とよく似た意味を持つ類義語として、「留守の家を管理する」という表現を上げられます。

icon まとめ

この記事で説明した「留守を預かる」の表現には、「その家の主人・管理人・家族などが不在の間、その家の管理・防犯などを責任持ってすること」などの意味があります。

「留守を預かる」の類語・類義語として、「留守番の役目を負う」「留守の家を管理する」などがあります。

「留守を預かる」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。