意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「予想が外れる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「予想が外れる」という表現は「衆議院選挙でどの政党が勝つかの予想が外れました」などの文章で使われますが、「予想が外れる」にはどのような意味があるのでしょうか?

「予想が外れる」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

Meaning-Book
「予想が外れる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「予想が外れる」の意味
  • 「予想が外れる」の表現の使い方
  • 「予想が外れる」を使った例文と意味を解釈
  • 「予想が外れる」の類語や類義語


「予想が外れる」の意味

「予想が外れる」という表現は、「ある物事・行動・勝負ごとなどの結果や成り行きについて、事前に推測(予測)していたことが当たらないこと」を意味しています。

「予想が外れる」というのは、「ある物事や行為の未来の結果・過程について、こうなるだろうと見当(目測)をつけていたことが当たらないこと」を意味する表現です。

  • 「予想が外れる」の読み方

「予想が外れる」の読み方

「予想が外れる」の読み方は、「よそうがはずれる」になります。



「予想が外れる」の表現の使い方

「予想が外れる」の表現の使い方を紹介します。

「予想が外れる」の表現の使い方は、「あらかじめ、ある物事・行為・関係がこうなるのではないかと推測していたことが当たらない場合」に使うという使い方になります。

例えば、「明日はきっと晴れると思っていましたが、その予想が外れました」といった文章で、この言葉を使用することができます。

「予想が外れる」を使った例文と意味を解釈

「予想が外れる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「予想が外れる」を使った例文1
  • 「予想が外れる」を使った例文2

「予想が外れる」を使った例文1

「今年こそは台風や大雨の自然災害の被害に悩まされないだろうという私たちの予想が外れました」

この「予想が外れる」を使った例文は、「自然災害に悩まされないだろうという私たちの推測・見当が外れた」という意味で、「予想が外れる」の表現を使っています。

「予想が外れる」を使った例文2

「経済評論家の予想が外れて、日経平均株価は今もある程度の上昇を続けています」

この「予想が外れる」を使った例文は、「予想が外れる」の表現を、「経済評論家の株価下落についての予測・見通しが当たらずに」という意味を持つ文脈で使用しています。



「予想が外れる」の類語や類義語

「予想が外れる」の類語や類義語を紹介します。

  • 「予測が外れる」【よそくがはずれる】
  • 「目測を誤る」【もくそくをあやまる】

「予測が外れる」【よそくがはずれる】

「予測が外れる」という表現は、「未来の物事についてあらかじめ推測していたことが当たらないこと」を意味しています。

その意味合いから、「予測が外れる」の表現を、「ある事柄について事前に推測して思っていたことが外れること」を示す「予想が外れる」の類語として解釈することができます。

「目測を誤る」【もくそくをあやまる】

「目測を誤る」という表現は、「ある物事・行為の結果についての大まかな見通しや予測を間違えること」を意味しています。

この意味から、「前もって、ある物事の結果や推移について予測していた内容が当たらないこと」を示す「予想が外れる」とよく似た意味を持つ類義語として、「目測を誤る」の表現を指摘できます。

icon まとめ

この記事で解説した「予想が外れる」の表現には、「ある物事や行為の結果・成り行きについて、こうなるだろうと思っていた推測が当たらないこと」などの意味があります。

「予想が外れる」の類語・類義語として、「予測が外れる」「目測を誤る」などがあります。

「予想が外れる」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。