意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「天命を待つ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「天命を待つ」という表現は「天命を待つ気持ちで、結果を受け入れたいと思います」などの文章で使われますが、「天命を待つ」にはどのような意味があるのでしょうか?

「天命を待つ」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

天命を待つ

Meaning-Book
「天命を待つ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「天命を待つ」の意味
  • 「天命を待つ」の表現の使い方
  • 「天命を待つ」を使った例文と意味を解釈
  • 「天命を待つ」の類語や類義語


「天命を待つ」の意味

「天命を待つ」という表現は、「焦ったり騒いだりすることなく、天の命令(自然の摂理)が定めた結果に身を任せること」「なるようになる運命的な結果に従うこと」を意味しています。

「天命を待つ」「人事を尽くして天命を待つ」ということわざ(格言)として使われることが多いのですが、「人の力ではあらがうことができない、天からの命令(天が定めた結果・運命)を待って従うこと」の意味合いを持っています。

古代中国の思想と関係する「天命」の意味は、「人の力では変えられない天からの命令・天の意思・運命」になります。

  • 「天命を待つ」の読み方

「天命を待つ」の読み方

「天命を待つ」の読み方は、「てんめいをまつ」になります。



「天命を待つ」の表現の使い方

「天命を待つ」の表現の使い方を紹介します。

「天命を待つ」の表現の使い方は、「抵抗や反対をせずに、天の命令(運命)に基づく結果を待って受け入れる場合」に使うという使い方になります。

一般的に、「天命を待つ」「人事を尽くして天命を待つ」ということわざ(格言)の形で使用されています。

「天命を待つ」を使った例文と意味を解釈

「天命を待つ」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「天命を待つ」を使った例文1
  • 「天命を待つ」を使った例文2

「天命を待つ」を使った例文1

「大学の入学試験のためにやれるだけのことはやったので、後は天命を待ちたいと思います」

この「天命を待つ」を使った例文は、「天命を待つ」の表現を、「後は天の命令によって出される結果(運命としての結果)を待って従いたいと思う」の意味を持つ文章で使っています。

「天命を待つ」を使った例文2

「そのプロジェクトでは後悔しないだけの努力をしたため、人事を尽くして天命を待つという落ち着いた心境でした」

この「天命を待つ」を使った例文は、「自分にできるだけのことをやった後は、天の意思に基づく結果を受け入れるという落ち着いた心境だった」ということを意味しています。



「天命を待つ」の類語や類義語

「天命を待つ」の類語や類義語を紹介します。

  • 「運を天に任せる」【うんをてんにまかせる】
  • 「自然に任せる」【しぜんにまかせる】

「運を天に任せる」【うんをてんにまかせる】

「天命を待つ」という表現は、「自分・結果がどうなるのかの運を、人為で制御できない天(運命・偶然)に任せて委ねること」を意味しています。

その意味合いから、「天命を待つ」と類似の意味を持つ類語(シソーラス)として、「運を天に任せる」の表現を指摘できます。

「自然に任せる」【しぜんにまかせる】

「自然に任せる」という言葉は、「あらがったり騒いだりせずに、成り行きに身を委ねること」「なるようになる結果を受け入れること」を意味しています。

これらの意味から、「自然に任せる」の表現を、「あらがわずに、天の意思・運命に基づく結果に従うこと」を示す「天命を待つ」の類義語として解釈することが可能です。

icon まとめ

この記事で紹介した「天命を待つ」の表現には、「天からの命令(人為であらがえない運命)に基づく結果を待って受け入れること」などの意味があります。

「天命を待つ」の類語・類義語として、「運を天に任せる」「自然に任せる」などがあります。

「天命を待つ」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。