意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「やりがいを得る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「やりがいを得る」という表現は「ボランティア活動でやりがいを得ました」などの文章で使われますが、「やりがいを得る」はどんな意味を持っているのでしょうか?

「やりがいを得る」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

やりがいを得る

Meaning-Book
「やりがいを得る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「やりがいを得る」の意味
  • 「やりがいを得る」の表現の使い方
  • 「やりがいを得る」を使った例文と意味を解釈
  • 「やりがいを得る」の類語や類義語


「やりがいを得る」の意味

「やりがいを得る」という表現は、「ある仕事や物事を頑張ってするだけの、主観的・心理的な価値を手に入れること」を意味しています。

「やりがいを得る」というのは、「ある物事(仕事)をする場合に、心の張り合いや充実感を手に入れること」を意味している表現なのです。

  • 「やりがいを得る」の読み方

「やりがいを得る」の読み方

「やりがいを得る」の読み方は、「やりがいをえる」「やりがいをうる」になります。



「やりがいを得る」の表現の使い方

「やりがいを得る」の表現の使い方を紹介します。

「やりがいを得る」の表現の使い方は、「ある仕事・物事をして、それをするだけの価値や充実感を感じられた時」に使うという使い方になります。

例えば、「やりがいを得ることさえできれば、報酬が多いかどうかは問題ではありません」といった文章で、この言葉を使用することができます。

「やりがいを得る」を使った例文と意味を解釈

「やりがいを得る」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「やりがいを得る」を使った例文1
  • 「やりがいを得る」を使った例文2

「やりがいを得る」を使った例文1

「今の仕事でやりがいを得るためには、どのような努力や工夫、考え方をすれば良いのかを真剣に考えています」

この「やりがいを得る」を使った例文は、「今の仕事をするに当たっての価値や張り合いを手に入れるためには」という意味合いで、「やりがいを得る」という表現を使っています。

「やりがいを得る」を使った例文2

「どんなに高い報酬や名誉を得られても、自分にとってのやりがいを得られない活動というのは虚しいものです」

この「やりがいを得る」を使った例文は、「やりがいを得る」の表現を、「自分にとっての、それをするだけの価値や充実感を獲得できない活動」という意味を持つ文章で使用しています。



「やりがいを得る」の類語や類義語

「やりがいを得る」の類語や類義語を紹介します。

  • 「主観的な価値を得る」【しゅかんてきなかちをえる】
  • 「充実感を手に入れる」【じゅうじつかんをてにいれる】

「主観的な価値を得る」【しゅかんてきなかちをえる】

「やりがいを得る」という表現は、「ある仕事や物事を頑張ってすることで、主観的な価値を手に入れること」を意味しています。

「主観的な価値を得る」とは、「自分の視点から見た自分にとって通用する価値を手に入れること」を意味する言葉です。

その意味合いから、「やりがいを得る」に等しい似た意味を持つ類語として、「主観的な価値を得る」の表現を指摘できます。

「充実感を手に入れる」【じゅうじつかんをてにいれる】

「やりがいを得る」という表現は、「何らかの仕事・活動を行うことによって、充実感や気持ちの張り合いを手に入れること」を意味しています。

「充実感を手に入れる」とは、「気持ちが満たされている感覚を得ること」を意味する表現です。

これらの意味から、「充実感を手に入れる」を、「やりがいを得る」と類似の意味を持っている類義語として解釈できます。

icon まとめ

この記事で説明した「やりがいを得る」の表現には、「ある物事・仕事をして、それをするだけの主観的な価値・張り合いを手に入れること」などの意味があります。

「やりがいを得る」の類語・類義語として、「主観的な価値を得る」「充実感を手に入れる」などがあります。

「やりがいを得る」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。