意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「マイナス評価」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

ビジネスやネット上で「マイナス評価」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

マイナス評価

Meaning-Book
「マイナス評価」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「マイナス評価」の意味
  • 「マイナス評価」の表現の使い方
  • 「マイナス評価」を使った例文と意味を解釈
  • 「マイナス評価」の類語や類義語


「マイナス評価」の意味

「マイナス評価」の意味は、「人やものに対して、周囲が認めていた価値を下げることになる要素」です。

今までその人やものに対して、他の人が「そのレベルである」と認めていたのですが、何かのきっかけで、その価値が下がってしまうことと、その原因になることを表します。

具体的には仕事で何らかのミスをして他人に迷惑をかけたことで、上司から昇給や昇進を満たすレベルから下げられてしまったり、友達を裏切ったりドタキャンしたりして、皆から距離を置かれてしまうことなどがあります。

  • 「マイナス評価」の読み方
  • 「マイナス評価」を分解して解釈

「マイナス評価」の読み方

「マイナス評価」の読み方は、「まいなすひょうか」になります。

ビジネスで良く使われるので覚えておきましょう。

「マイナス評価」を分解して解釈

「マイナス評価」「マイナス+評価」で成り立っています。

「マイナス」は英語の“minus”が日本語化した言葉で、「減じること」「差し引きを表す符号」「良くないことや悪い点」「不利になること」という意味があります。

「評価」「品物の値段を決めること」「人やものの見た目の価値を判断して決めること」「人やものの能力や功績を認めること」という意味です。

これらの言葉が組み合わさり「認められていた人やものの能力や功績が減じられてまうこと」という意味で使われています。



「マイナス評価」の表現の使い方

「マイナス評価」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • ビジネス以外にも使われる

文法的な使い方

「マイナス評価」は名詞であり、文末に使う時には助動詞を伴って「マイナス評価・である」になったり、「マイナス評価につながる・つながった」などになります。

ビジネス以外にも使われる

「マイナス評価」はビジネス以外にも、その人の評判が下がる時に使われます。

婚活では、理想の相手を見つける時に、出会った異性の見た目や性格の欠点を取り上げて、減点法で比較する時に使われます。

「マイナス評価」を使った例文と意味を解釈

「マイナス評価」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「マイナス評価」を使った例文1
  • 「マイナス評価」を使った例文2

「マイナス評価」を使った例文1

「今回のミスがマイナス評価につながった」

昇進を逃した人が、ミスをしたのが原因であると反省している様子を表しています。

「マイナス評価」を使った例文2

「料理が苦手な女性は男性から見てマイナス評価だ」

例え容姿が美しくても、料理ができない女性は男性から見て魅力的ではないと思われていることを表します。



「マイナス評価」の類語や類義語

「マイナス評価」の類語や類義語を紹介します。

  • 「悪評」【あくひょう】
  • 「減点につながる」【げんてんにつながる】

「悪評」【あくひょう】

「周囲から悪い評判を買うこと」という意味です。

「減点につながる」【げんてんにつながる】

「今までのレベルが維持できなくなり、下がってしまう要因があること」という意味です。

icon まとめ

「マイナス評価」「人やものに対して、周囲が認めていた価値を下げることになる要素」という意味です。

それまでの自分に対する評価が下がってしまう様な時に使いましょう。