意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「つまらない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんは、普段の会話の中で「つまらない」という言葉を何気なく使うことがあるかと思います。

この言葉は特別に意志しなくても、ごく普通に口から出てくる感じがありますが、どのような意味があるのでしょうか?

そこで今回は、この「つまらない」にフォーカスしていくことにします。

つまらない

Meaning-Book
「つまらない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「つまらない」とは?意味
  • 「つまらない」の表現の使い方
  • 「つまらない」を使った例文と意味を解釈
  • 「つまらない」の類語や類義語


「つまらない」とは?意味

「つまらない」は、色々な解釈ができるのですが、「満足感が得られずに、何処となく寂しかったり、心がワクワクしない」というような意味があります。

その他にも、「興味を持つことができない」「面白くない」「敢えて取り上げるまでの価値がない」「取るに足りずに下くて、馬鹿馬鹿しいしい」などの意味も持っています。



「つまらない」の表現の使い方

「つまらない」は色々な解釈ができるので、活用法も様々です。

その1つに「つまらない相手だ」というような言い回しだと、「大したことのない相手」であったり、「面白味のない相手」というような意味で使われます。

「つまらない」を使った例文と意味を解釈

ここで「つまらない」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみてください。

  • 「つまらない」を使った例文1
  • 「つまらない」を使った例文2

「つまらない」を使った例文1

「また、僕はつまらないものを買ってしまった。本当に無駄な消費だ」

かなり後悔している「僕」のようですが、大したものでないものを買ったために、お金を無駄にしたようです。

ここで「つまらない」ものとは、「本当に必要なものではない」ということになります。

「つまらない」を使った例文2

「つまらないものですが、どうぞ皆さまで召し上がって下さい」

知人を訪ねた時に、持っていった手土産。

それを相手にわたす時によく使われる言葉です。

「つまらないもの」とは「大したこと価値のないもの」という解釈になりますが、手土産が価値のないものであれば、相手に失礼になります。

しかし、ここでは謙虚な趣きでの意味合いになりますので、日本らしい慣習の表現と言えます。



「つまらない」の類語や類義語

「つまらない」を他の言葉で言い換えるとするなら、他にどのような言葉があるかを見ていくことにしましょう。

  • 「しがない」【しがない】
  • 「たわいない」【たわいない】

「しがない」【しがない】

「しがない」「つまらない」の類義語として、置き換えて使える言葉の1つになります。

「取るにたりない」「大したことのない」という意味があります。

「たわいない」【たわいない】

「取るにたりない」「とりとめもない」という意味を持つ「たわいない」「つまらない」の類義語として扱うことができます。

「しっかりしたものや状態ではない」「思慮分別がない」というような解釈ができますが、「手応え感が感じられなく張り合いがない」という意味でも使われます。

icon まとめ

「つまらない」という言葉の意味は、否定的な解釈が多いのですが、手土産を渡す時の「つまらないものですが」という活用法のように、へりくだった言い方でも使われるので、とても興味深い言葉です。