意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「電話を受ける」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「電話を受ける」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「電話を受ける」という言葉を使った例文や、「電話を受ける」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「電話を受ける」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「電話を受ける」とは?意味
  • 「電話を受ける」の表現の使い方
  • 「電話を受ける」を使った例文や短文など
  • 「電話を受ける」の類語や類義語・言い換え


「電話を受ける」とは?意味

「電話を受ける」には、「掛かってきた電話を取る・受話する」という意味があります。

  • 「電話を受ける」の読み方

「電話を受ける」の読み方

「電話を受ける」の読み方は、「でんわをうける」になります。



「電話を受ける」の表現の使い方

「電話を受ける」の表現の使い方を紹介します。

「電話を受ける」は、「掛かってきた電話を取る・受話する」を意味します。

そこで、会社や家などで、掛かってきた電話に出る時などに、「電話を受ける」という言葉を使ってみましょう。

例えば、会社の職場に電話が掛かってきた時、誰かが電話に出るか決まっていないことがあるかもしれません。

このような時、周囲を見渡して、みんなが忙しそうだったら、掛かってきた電話に出るかもしれません。

このような様子を、「職場に掛かってきた電話を受ける」などと、「電話を受ける」という言葉を使って表現できます。

「電話を受ける」を使った例文や短文など

「電話を受ける」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「電話を受ける」を使った例文1
  • 「電話を受ける」を使った例文2

「電話を受ける」を使った例文1

「新人は『電話を受ける』のが、主な仕事だ」

この例文は、入社して間もない新人は、掛かってきた電話に対して受話することが、主な仕事だという文章になります。

このように「電話を受ける」には、「掛かってきた電話に対して、受話すること」という意味があります。

新人は主に雑用を担当することになるため、しばらくの間は「電話を受ける」専門職のようになるかもしれません。

「電話を受ける」を使った例文2

「ドキドキしながら、就活をした会社から掛かってきた『電話を受ける』」

この例文は、就職活動をして、試験を受けた会社から掛かってきた電話に、ドキドキしながら出るという文章になります。

もしかしたら内定をもらえるかもしれないため、このような「電話を受ける」時は、とても興奮するでしょう。



「電話を受ける」の類語や類義語・言い換え

「電話を受ける」の類語や類似を紹介します。

  • 「電話番」【でんわばん】
  • 「電話対応」【でんわたいおう】

「電話番」【でんわばん】

「電話番」には「電話で応対する係」という意味があります。

「職場の電話番を任される」という文章は、「職場の電話に応対する係を任される」という意味になります。

「電話番のため、休日出勤する」などという使い方をします。

「電話対応」【でんわたいおう】

「電話対応」には、「掛かってきた電話に対して、受け答えすること」という意味があります。

「新人時代に、電話対応の訓練を受ける」などという使い方をします。

icon まとめ

「電話を受ける」という言葉について見てきました。

掛かってきた電話に対して、受話することについて話す時、「電話を受ける」という言葉を使ってみましょう。