意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「肩書き」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「肩書き」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「肩書き」という表現について詳しく紹介していきます。

肩書き

Meaning-Book
「肩書き」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「肩書き」の意味
  • 「肩書き」の表現の使い方
  • 「肩書き」を使った例文と意味を解釈
  • 「肩書き」の類語や類義語


「肩書き」の意味

「肩書き」というのは「名刺などで氏名の右上に描かれる職名や役職」という意味になります。

「人の社会的地位や身分を示す職業や役職」という意味で、ビジネスでは必ず使うといっても過言ではない表現です。

その一方で、例えば常務と専務はどちらが偉いのかなど、「肩書き」がよくわかっていないということもあるのではないでしょうか。

最近はマネージャーなどと言われることもありますが、マネージャーという「肩書き」が一体何なのかよくわからないと感じる人もいるかもしれません。

  • 「肩書き」の読み方

「肩書き」の読み方

「肩書き」の読み方は、「かたがき」になります。

日常的にも使える言い回しですので、ぜひ覚えておきましょう。



「肩書き」の表現の使い方

「肩書き」の表現の使い方を紹介します。

「肩書き」は会社などにおける「役職」という意味です。

そういえば結婚式をする時など、披露宴の座席表には「肩書き」を書かなければならないこともあります。

メールを送る時にも「肩書き」が必要なこともあり、その「肩書き」を間違えてしまったことで相手に迷惑をかけた、などという経験を持つ人もいるのではないでしょうか。

「肩書き」を使った例文と意味を解釈

「肩書き」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「肩書き」を使った例文1
  • 「肩書き」を使った例文2

「肩書き」を使った例文1

「専業主婦には肩書きがありませんが、立派な仕事の1つだと思います」

最近は女性も働くようになり、子供を育てながら仕事や家事を両立させているという女性も珍しくありません。

そのような女性には「肩書き」があるケースも多く、働く女性はかっこいいと感じている若い女性も多いのではないでしょうか。

その一方で、専業主婦の女性もいまだに多く、その女性が「肩書きがない」「こんなに働いているのに」などと感じることもあると言われています。

「肩書き」を使った例文2

「肩書きを誤ると相手に失礼になってしまいます」

「肩書き」を書かなければいけない場合、役職名を間違わないように気をつけなければいけません。

相手の名前を間違えないという事はいうまでもありませんが、その一方で相手の役職を間違ってしまったらそれも失礼になります。

特に結婚式などで「肩書き」を書く場合などは必ず確認するようにしましょう。



「肩書き」の類語や類義語

「肩書き」の類語や類義語を紹介します。

  • 「役職」【やくしょく】
  • 「敬称」【けいしょう】

「役職」【やくしょく】

「役職」というのは「役目や職務」という意味で特に「管理職」になります。

会社の組織や「役職」をしっかりと覚えておく必要があります。

「敬称」【けいしょう】

「敬称」というのは「敬意を表す呼び名」「人名に添えて敬意を表す言い方」という意味があります。

ニュースなどでは「敬称略」と言われ、「敬称」が省略されるケースもあります。

icon まとめ

「肩書き」という表現は日常的にも使われます。

ビジネスでも重要ですので、ぜひ覚えておきましょう。