意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「短慮」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「短慮」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「短慮」という言葉を使った例文や、「短慮」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「短慮」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「短慮」とは?意味
  • 「短慮」の表現の使い方
  • 「短慮」を使った例文や短文など
  • 「短慮」の類語や類義語・言い換え


「短慮」とは?意味

「短慮」には、「考えが浅い」という意味があります。

また「短慮」「気の短いこと」「せっかち」を意味します。

  • 「短慮」の読み方

「短慮」の読み方

「短慮」の読み方は、「たんりょ」になります。



「短慮」の表現の使い方

「短慮」の表現の使い方を紹介します。

「短慮」には、「考えが浅い」という意味があります。

例えば、会議の席で何も考えていないように感じられる発言をする社員がいるかもしれません。

このような人は、出席している誰かに、「短慮な発言を慎むように」などと、「短慮」という言葉を使ってたしなめられてしまうかもしれません。

また「短慮」「気の短いこと」「せっかち」を意味します。

例えば、上司に叱られた人が、「会社を辞める」と言いだした時、気が短いと感じるかもしれません。

そこで考えを改めさせるため、「一度叱られただけで会社を辞めるのは、短慮すぎないか」などと、「短慮」という言葉を使い、説得できるかもしれません。

「短慮」を使った例文や短文など

「短慮」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「短慮」を使った例文1
  • 「短慮」を使った例文2

「短慮」を使った例文1

「『短慮』な計画を見せられて、ぐったりする」

この例文は、考えが浅はかだと感じられる計画を見せられた時に、ぐったりしてしまったという文章になります。

このように「短慮」には、「考えが浅はかなこと」という意味があります。

ビジネスシーンでは、ある程度の完成度が求められるため、「短慮」に思えるような計画を見たら、がっかりされてしまうかもしれません。

「短慮」を使った例文2

「『短慮』すぎる言動をしていると、何も形にできない」

この例文は、気の短い言動や、せっかちすぎる言動を繰り返していると、何も形にできないという文章になります。

このように「短慮」「気の短いこと」「せっかち」を意味します。

長期的な計画を立てて、落ち着いて、ことに当たらないと、何も成し遂げられないかもしれません。



「短慮」の類語や類義語・言い換え

「短慮」の類語や類似を紹介します。

  • 「気の短い」【きのみじかい】
  • 「せっかち」

「気の短い」【きのみじかい】

「気の短い」には、「短気」や、「ことの実現を待ちきれずに、神経質になる人」という意味があります。

「気の短い人」などという使い方をします。

「せっかち」

「せっかち」「落ち着きなく先へ急ぐ事」という意味があります。

「せっかちな性格」「落ち着きなく先へ急ぎたがる性格」という意味になります。

「せっかちな上司」「せっかちで落ち着きがない」などという使い方をします。

icon まとめ

「短慮」という言葉について見てきました。

考えが浅はかな考えをしてしまった時、また。

気の短い人と出会った時などに、「短慮」という言葉を使ってみましょう。