意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「見受ける」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「見受ける」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「見受ける」という言葉を使った例文や、「見受ける」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「見受ける」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「見受ける」とは?意味
  • 「見受ける」の表現の使い方
  • 「見受ける」を使った例文や短文など
  • 「見受ける」の類語や類義語・言い換え


「見受ける」とは?意味

「見受ける」には、「見かける」「目にとめる」という意味があります。

また「見受ける」は、「見て判断すること」を意味します。

  • 「見受ける」の読み方

「見受ける」の読み方

「見受ける」の読み方は、「みうける」になります。



「見受ける」の表現の使い方

「見受ける」の表現の使い方を紹介します。

「見受ける」は、「見かける」「目にとめること」を意味します。

例えば、町を歩いている時に、以前話をしたことがある、知り合いを見かけることがあるかもしれません。

このような時、「以前話をした、○○さんを見受ける」などと、「見受ける」という言葉を使い、見かけたことを言葉にできます。

また「見受ける」は、「見て判断すること」を意味します。

例えば、久しぶりに会った友達が、元気そうに見えることがあるかもしれません。

このような時、「友達が元気そうに見受けられる」などと、「見受ける」という言葉を使ってみましょう。

「見受ける」を使った例文や短文など

「見受ける」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「見受ける」を使った例文1
  • 「見受ける」を使った例文2

「見受ける」を使った例文1

「パーティに参加すると、顔見知りが何人か『見受けられた』」

この例文は、パーティに参加した時に、数人の顔見知りの姿を目にとめたという文章になります。

このように「見受ける」には、「見かける」「目にとめる」という意味があります。

パーティで主役になるタイプ以外は、このように、知り合いを見かけた程度で、その場を去るかもしれません。

「見受ける」を使った例文2

「彼女は、デートを楽しんでいるように『見受けられた』」

この例文は、デートをしている女性が、そのデートを楽しんでいるように、見て判断できたという文章になります。

このように「見受ける」は、「見て判断すること」を意味します。

他人のデートを見ていても、どちらも楽しんでいるか、そうでないかは、見て判断できそうです。



「見受ける」の類語や類義語・言い換え

「見受ける」の類語や類似を紹介します。

  • 「見かける」【みかける】
  • 「見て取る」【みてとる】

「見かける」【みかける】

「見かける」には、「目を止める」という意味があります。

「知り合いを街角で見かける」という文章は、「顔見知りの姿を、的角で目にとめた」という文章になります。

「見て取る」【みてとる】

「見て取る」「見て、それと認める」という意味があります。

「敗戦濃厚だと見て取る」という文章は、「試合の途中で負けそうだと認める」という意味になります。

「好意を抱いていると見て取る」などという使い方をします。

icon まとめ

「見受ける」という言葉について見てきました。

誰かを見かけた時、目にとめる時、また何かを見て判断する時に、「見受ける」という言葉を使ってみましょう。