意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「怯える」(脅える)の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「怯える・脅える」という表現は「山で遭遇した野犬に怯えていました」「私は脅えずに立ち向かっていきます」などの文章で使われますが、「怯える・脅える」にはどのような意味があるのでしょうか?

「怯える・脅える」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

Meaning-Book
「怯える」(脅える)の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「怯える・脅える」の意味
  • 「怯える・脅える」の表現の使い方
  • 「怯える・脅える」を使った例文と意味を解釈
  • 「怯える・脅える」の類語や類義語


「怯える・脅える」の意味

「怯える・脅える」という表現は、「何か(誰か)を怖がってびくびくすること」「何か(誰か)に恐怖心を抱いておどおどすること」を意味しています。

「怯える・脅える」の古語的な意味として、「恐怖感を感じる悪夢にうなされて目を覚ますこと」といった意味合いもあります。

「対象を怖がること」を意味する本来の「おびえる」の漢字表記は「怯える」ですが、常用漢字表に合わせて「脅える」という表記も使われるようになりました。

  • 「怯える・脅える」の読み方

「怯える・脅える」の読み方

「怯える・脅える」の読み方は、「おびえる」になります。



「怯える・脅える」の表現の使い方

「怯える・脅える」の表現の使い方を紹介します。

「怯える・脅える」の表現の使い方は、「何か(誰か)を怖がってびくびく・おどおどする場合」に使う使い方になります。

例えば、「そんなに怯え(脅え)なくても大丈夫です」といった文章で、「怯える・脅える」の表現を使えます。

「怯える・脅える」を使った例文と意味を解釈

「怯える・脅える」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「怯える・脅える」を使った例文1
  • 「怯える・脅える」を使った例文2

「怯える・脅える」を使った例文1

「公園で不審者に追いかけられたというその女性は、今も怯え(脅え)ているような様子を見せていました」

この「怯える・脅える」を使った例文は、「怯える・脅える」の表現を、「今も恐怖心を抱いているような様子を見せていた」という意味で使用しています。

「怯える・脅える」を使った例文2

「今までどんな相手と対峙しても怯える(脅える)ことを知らなかった勇猛果敢な将軍が、初めて恐怖心を味わった瞬間でした」

この「怯える・脅える」を使った例文は、「恐れて震えることを知らなかった勇猛果敢な将軍が」という意味を持つ文章で、「怯える・脅える」の表現を使っています。



「怯える・脅える」の類語や類義語

「怯える・脅える」の類語や類義語を紹介します。

  • 「恐れる」【おそれる】
  • 「臆する」【おくする】

「恐れる」【おそれる】

「怯える・脅える」の表現は、「誰かや何かを恐れてびくびくすること」を意味しています。

「恐れる」という言葉は、「ある対象を怖がること・恐怖心を抱いておどおどすること」の意味合いを持っています。

その意味から、「怯える・脅える」とほとんど同じ意味を持つ類語(シソーラス)として、「恐れる」を指摘できます。

「臆する」【おくする】

「怯える・脅える」の表現は、「ある物事・対象を怖がって臆病な気持ちになること」を意味しています。

「臆する」という言葉の意味は、「ちょっとしたことでも恐れてしまう臆病な気持ちになること」になります。

この意味合いから、「臆する」の表現は、「怯える・脅える」と類似した意味を持つ類義語として解釈できます。

icon まとめ

「怯える・脅える」の表現には、「何か(誰か)を怖がってびくびく・おどおどすること」などの意味があります。

「怯える・脅える」の類語・類義語として、「恐れる」「臆する」などがあります。

「怯える・脅える」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。