意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「恐れる」の意味とは?「恐れる」と「怖れる」「畏れる」の違い・読み方・英語・類語

「恐れる」という言葉は、日常的によく耳にする機会も多いはずです。

なので、普段から意味を理解していると思っていても、実際には詳しく正しい内容は理解していなかったというケースもあるため、「恐れる」に関してここではきちんと理解しておきましょう。

例文や解釈・英文など様々な角度で「恐れる」についてご紹介します。

恐れる

Meaning-Book
「恐れる」の意味とは?「恐れる」と「怖れる」「畏れる」の違い・読み方・英語・類語>


目次

  • 「恐れる」の意味とは?
  • 「恐れる」の読み方
  • 「恐れる」の英語(解釈)
  • 「恐れる」の対義語
  • 「恐れる」の言葉の使い方
  • 「恐れる」を使った言葉・慣用句や熟語・関連
  • 「恐れる」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「恐れる」の類語や類義表現
  • 「恐れる」と「怖れる」の違い
  • 「恐れる」と「畏れる」の違い


「恐れる」の意味とは?

「恐れる」の意味とは、危険を感じて不安になり、恐怖心を抱くこと。

よくないことが起こるのではないかと心配することなど意味します。

「恐れる」は普段んからよく使う言葉ですし、きちんと意味を理解した上で活用するようにしましょう。

そうすることで、スムーズに文章表現することができます。



「恐れる」の読み方

「恐れる」の読み方は「おそれる」です。

「恐れる」の英語(解釈)

恐れる meaning in english

「恐れる」の英語解釈は“be afraid”“be fearful”です。

これは熟語としてよく出てきますし、英語は熟語で覚えておく方が活用頻度も多く、日常的に利用するので、ここでは例文や解釈など説明するので理解しておきましょう。

  • “be afraid of”
  • “Don't be afraid.”
  • “Don't fear failure!”

“be afraid of”

怖がる。心配するといった意味です。

これはよく熟語として用いるので、かなり重要な熟語であることがわかります。

しっかりと理解しておくことで上手に活用することができるので、“be afraid of”は理解しておきましょう。

“Don't be afraid.”

恐れるなという意味です。

何か挑戦しようとしている時に、“Don't be afraid.”という言葉を用いられるので、これは理解しておくと幅広く文章に利用することができます。

何かチャレンジする時などに利用するケースが多いです。

“Don't fear failure!”

失敗を恐れるなという意味です。

失敗を恐れることで、チャレンジできない場合、やはり“Don't fear failure!”と声をかけることきに用いられるので、この言葉もよく耳にする機会が多いので理解しておきましょう。



「恐れる」の対義語

「恐れる」の対義語は「侮る」です。

例文と解釈をご紹介します。

  • 「私は彼のことを侮っていた」

「私は彼のことを侮っていた」

私は彼のことを甘く見ていたという意味になります。

彼のことを「恐れる」ことなく、「侮る」態度で見ているケースのことをいう場合に用います。

「侮る」という表現で活用することも多々あるので理解しておきましょう。

「恐れる」の言葉の使い方

「恐れる」の言葉の使い方は、やはり何かを「恐れる」時に利用することが多いので、活用方法などご自身で理解しておくと、文章作成する際にスムーズに表現することができます。

ただなんとなく書いていた文章も「恐れる」の意味を理解した上で記載するとワンランク上の文章になることは間違いないでしょう。

「恐れる」を使った言葉・慣用句や熟語・関連

「恐れる」を使った言葉・慣用句や熟語・関連ご紹介します。

  • 「失敗を恐れる」
  • 「神を恐れる」

「失敗を恐れる」

「あなたは挑戦することに対し、失敗を恐れるな!」

あなたは挑戦することに対して失敗を怖がることはないという意味です。

挑戦することに対して、初めてのチャレンジなど、かなり勇気も入りますし、なかなか怖がって進もうとしない場合、「失敗を恐れるな!」と声かけすることも多いので、意味を理解して活用するようにしましょう。

「神を恐れる」

「神を恐れることで私達は穏やかな暮らしができる」

神を尊うことで、私達は穏やかな暮らしができるという意味です。

神を尊う気持ちは大切なので、こうした文章の用い方は宗教上においてよく耳にします。

神に対する恐れはやはり日常生活を穏やかに暮らして行く中でも大切なことです。

「恐れる」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「恐れる」を使った例文や短文など(意味を解釈)ご紹介します。

  • 「恐れる」を使った例文1
  • 「恐れる」を使った例文2

「恐れる」を使った例文1

「彼のことは恐れる存在だと皆が知っている」

彼のことは怖がられている存在だと皆が知っているという意味です。

彼はとても権力があったり、強いなどで皆が怖がる存在だと知っていることを意味している表現です。

「恐れる」存在として、よく活用する言葉なので理解しておきましょう。

「恐れる」を使った例文2

「失敗したとしても恐れることはない!」

失敗したとしても怖がることはないという意味です。

失敗したとしても恥ずかしい、怖いなど思う必要がない。

チャレンジした方がよいという意味を含んでいます。

よく耳にすることも多いので、理解しておくとよいです。

「恐れる」の類語や類義表現

「恐れる」の類語や類義表現は、「心配」「危惧する」です。

例文や解釈などご紹介するので参考にしてください。

  • 「心配」
  • 「危惧する」

「心配」

「私のことは心配しなくてよいから、思いっきり楽しんでください」

私のことは恐れなくてよいから、思いっきり楽しんでくださいという解釈です。

とても「恐れる」存在だとイメージできますし、なかなかそのことを意識すると思いっきり楽しめなくなるような印象なので、気にすることなく思いっきり楽しんでくださいと言っている様子がわかります。

「危惧する」

「彼の行く末を危惧することが多いです」

彼の行く末を恐れることが多いですという解釈です。

彼の今後について、どうなるのか「恐れる」ことが多いことをイメージすることができます。

やはりかなり彼の今後において心配している様子が伝わってきます。

「恐れる」と「怖れる」の違い

「怖れる」は、「おじける」「びくびくする」という意味で使われ流ことが多いです。

「恐れる」は、「怖がる」というイメージを持っています。

この違いは理解しておくと文章作成時に便利です。

「恐れる」と「畏れる」の違い

「畏れる」は、「おそれうやまう」「おそれはばかる」という意味で用いられることが多いです。

「恐れる」「心配する」というイメージを持っているため、このこの「恐れる」「畏れる」の違いを理解しておくと文章作成時に便利です。

icon まとめ

「恐れる」は色々な意味を持っているので、きちんと意味を理解しておくと文章作成時にスマートな表現ができるようになります。

ここで紹介した文章の書き方など参考にしてください。