意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「飛び散る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「飛び散る」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「飛び散る」という表現について詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「飛び散る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「飛び散る」の意味
  • 「飛び散る」の表現の使い方
  • 「飛び散る」を使った例文と意味を解釈
  • 「飛び散る」の類語や類義語


「飛び散る」の意味

「飛び散る」というのは「飛んで四方八方に散る」という意味です。

例えば、ガラスのコップを落としたら割れてしまう可能性が高いですが、割れた場合はガラスが四方に「飛び散る」可能性があります。

また、天ぷらを作った後は油が「飛び散って」、後から掃除が大変だと感じる人もいるかもしれません。

  • 「飛び散る」の読み方

「飛び散る」の読み方

「飛び散る」の読み方は、「とびちる」になります。

料理でも使われますし、工事現場などでも使われます。

ぜひ覚えておきましょう。



「飛び散る」の表現の使い方

「飛び散る」の表現の使い方を紹介します。

水たまりに子供が突っ込んで行った時、泥が「飛び散って」子供の洋服が汚れてしまったと悩む人もいるのではないでしょうか。

また、水たまりにトラックが突っ込み、水があたりに「飛び散って」濡れてしまったという経験を持つ人もいるかもしれません。

料理をする時は気をつけないと油などが周りに「飛び散り」、後から掃除が大変になります。

「飛び散る」を使った例文と意味を解釈

「飛び散る」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「飛び散る」を使った例文1
  • 「飛び散る」を使った例文2

「飛び散る」を使った例文1

「花粉が飛び散っていますので、気をつけてくださいね」

花粉の時期などは花粉があちこちに「飛び散って」います。

目に見えるものでもありませんし、よくニュースなどで杉の木の花粉が舞う様子などが報道されることもありますが、そのような映像は見ただけでもくしゃみが止まらなくなると感じる人もいるのではないでしょうか。

また、時期によっては中国からの黄砂が「飛び散る」こともあります。

アレルギーの人は気をつけなければならない時期だといえます。

「飛び散る」を使った例文2

「事件現場には血が飛び散って凄惨な状態になっていた」

殺人事件や交通事故の現場などは一般人が目にするものではありませんが、漫画や小説などでこのようなシーンについて読むことがあるという人もいるのではないでしょうか。

殺人事件等があった場合、第一発見者は犠牲者の血が「飛び散って」凄惨な状態になっている様子を見た可能性もあります。

ニュースなどでは一言で「第一発見者」と言われることもありますが、場合によってはその後カウンセリングを受けなければならないほど衝撃を受けた、などというケースもあります。



「飛び散る」の類語や類義語

「飛び散る」の類語や類義語を紹介します。

  • 「溢れ出る」【あふれでる】
  • 「流れ出る」【ながれでる】

「溢れ出る」【あふれでる】

「溢れ出る」というのは「いっぱいになって溢れて外に出る」という意味です。

「特定の感覚で満ちみちる」という意味でも使われます。

「流れ出る」【ながれでる】

「流れ出る」というのは「流れて外に出る」という意味です。

「傷口から血液が流れている」などと使われます。

icon まとめ

「飛び散る」という表現は日常生活でも使えますのでぜひ覚えておきましょう。

料理をする時などは油が「飛び散らないように」気をつけなければいけません。