意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「溢れ出る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「溢れ出る」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「溢れ出る」という言葉を使った例文や、「溢れ出る」の類語を紹介して行きます。

溢れ出る

Meaning-Book
「溢れ出る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「溢れ出る」とは?意味
  • 「溢れ出る」の表現の使い方
  • 「溢れ出る」を使った例文や短文など
  • 「溢れ出る」の類語や類義語・言い換え


「溢れ出る」とは?意味

「溢れ出る」には、「いっぱいになって外に出る」という意味があります。

また「入りきらなくて、内から外へこぼれ出る」という意味があります。

  • 「溢れ出る」の読み方

「溢れ出る」の読み方

「溢れ出る」の読み方は、「あふれでる」になります。

「溢れ」「あふれ」「出る」「でる」と読みます。



「溢れ出る」の表現の使い方

「溢れ出る」の表現の使い方を紹介します。

「溢れ出る」には「いっぱいになって外に出る」という意味があるため、そのような用うすを見た時に使ってみましょう。

例えばお風呂にお湯を張って、水を入れてぬるくする時、目を離してしまったら、湯船の中のお湯がいっぱいになって、外に出てしまいます。

このような湯船の様子を「湯船からお湯が溢れ出る」と表現できます。

このように、何かがいっぱいになって外に出た時、「溢れ出る」という言葉を使ってみましょう。

「溢れ出る」を使った例文や短文など

「溢れ出る」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「溢れ出る」を使った例文1
  • 「溢れ出る」を使った例文2

「溢れ出る」を使った例文1

「大雨が降り、排水溝から汚水が『溢れ出る』」

この例文は台風などの影響で大雨が降ったため、排水溝の中の水がいっぱいになり、道路などに出てしまったという意味があります。

このように、何かがいっぱいになって外に出る様子を「溢れ出る」と言います。

「溢れ出る」を使った例文2

「彼女はセクシーで、色気が『溢れ出る』ようだ」

この例文に登場する女性は、とてもセクシーで、その色気を体内にとどめて置けず、体の外に溢れ出ているように感じるという意味があります。

色気は液体のように実体があるものではないため、体から流れ出ることはありませんが、「色気が溢れ出る」には、そのくらい、色気があるという比喩表現になります。



「溢れ出る」の類語や類義語・言い換え

「溢れ出る」の類語や類似を紹介します。

  • 「滴る」【したたる】
  • 「こぼれる」

「滴る」【したたる】

「滴る」には、「水などが、しずくになって垂れ落ちる」という意味があります。

また「美しさや鮮やかさがあふれるばかりに満ちている」という意味があります。

「水も滴るいい男」「滴る肉汁」などという使い方をします。

「こぼれる」

「こぼれる」には「液体が、容器から出て外に落ちる」という意味があります。

「コップから水がこぼれる」には「コップから水が出て、外に落ちる」という意味があります。

icon まとめ

「溢れ出る」という言葉について見てきました。

いっぱいになって外に出てしまった物を見た時、「溢れ出る」という言葉を使ってみましょう。