意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「手一杯」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「手一杯」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「手一杯」という言葉を使った例文や、「手一杯」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「手一杯」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「手一杯」とは?意味
  • 「手一杯」の表現の使い方
  • 「手一杯」を使った例文や短文など
  • 「手一杯」の類語や類義語・言い換え


「手一杯」とは?意味

「手一杯」には、「現在抱えている事以外を行う余裕がないこと」という意味があります。

  • 「手一杯」の読み方

「手一杯」の読み方

「手一杯」の読み方は、「ていっぱい」になります。



「手一杯」の表現の使い方

「手一杯」の表現の使い方を紹介します。

「手一杯」は、「現在抱えている事以外を行う余裕がないこと」を意味します。

そこで、それ以上、他のことをする余裕がないと感じた時、「手一杯」という言葉を使ってみましょう。

例えば、子育て中の女性は、育児と家事を両立させるだけで他のことをする余裕がないかもしれません。

そのために、勤めていた会社を辞めることもあるでしょう。

このような女性の様子を、「子育てと家事で手いっぱいのため、会社を辞めることにした」などと、「手一杯」という言葉を使って説明できます。

「手一杯」を使った例文や短文など

「手一杯」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「手一杯」を使った例文1
  • 「手一杯」を使った例文2

「手一杯」を使った例文1

「もう『手一杯』で、仕事を引き受けられない」

この例文は、仕事多く抱えてしまい余裕がないため、仕事を引き受けられないという文章になります。

このように「手一杯」には、「それ以上他のことをする余裕のないこと」という意味があります。

自分のキャパ以上の仕事を頼まれた時、「手一杯」という言葉で断れるかもしれません。

「手一杯」を使った例文2

「自分のことで『手一杯』で、恋人のことを構う時間がない」

この例文は、自分をちゃんとするだけで大変で、まるで余裕がないため恋人を構う時間を作り出せないという文章になります。

あまりにも仕事が忙しい時は、自分に「手一杯」で、彼女や彼氏に連絡すらできないかもしれません。



「手一杯」の類語や類義語・言い換え

「手一杯」の類語や類似を紹介します。

  • 「余裕がない」【よゆうがない】
  • 「てんてこ舞い」【てんてこまい】

「余裕がない」【よゆうがない】

「余裕がない」は、「あまりがない」「心にゆとりがない」という意味があります。

「余裕がないため、ゆっくり話を聞けない」などという使い方をします。

「てんてこ舞い」【てんてこまい】

「てんてこ舞い」「忙しく動き周り、余裕がない様子」を意味します。

「客が多すぎて、従業員が、てんてこ舞いになる」という文章は、「飲食店などを訪れる客が多すぎて、従業員が休む暇も忙しく動き周り、余裕がない」という意味があります。

icon まとめ

「手一杯」という言葉について見てきました。

それ以上他のことをする余裕のないことを、一言で言い表す時、「手一杯」という言葉を使ってみましょう。