意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「溝が出来る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「溝が出来る」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「溝が出来る」という表現について詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「溝が出来る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「溝が出来る」の意味
  • 「溝が出来る」の表現の使い方
  • 「溝が出来る」を使った例文と意味を解釈
  • 「溝が出来る」の類語や類義語


「溝が出来る」の意味

「溝が出来る」というのは「人間関係などに不具合が生じる」という意味です。

「ほころびが出る」などとも言われることがあり、誰でも経験があるのではないでしょうか。

人間は他の人とあらゆる関係を築きながら生活していますが、どれだけ仲の良い人との間であったとしても、「綻びが出てしまう」事はあり得るものです。

これを「溝が出来る」などと表現します。

  • 「溝が出来る」の読み方

「溝が出来る」の読み方

「溝が出来る」の読み方は、「みぞができる」になります。

日常的にも使える表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。



「溝が出来る」の表現の使い方

「溝が出来る」の表現の使い方を紹介します。

仲が良い人と、ちょっとした諍いで「溝が出来てしまう」という経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

SNSで返信をしなかったため、信頼関係に「溝が出来てしまった」などということもあるでしょう。

ちょっとした言葉のチョイスを間違ったが故に、「溝が出来る」場合もあります。

心に余裕をなくしている時など、相手の言動を誤解してしまって勝手に「溝が出来た」などと感じてしまうこともあるのではないでしょうか。

「溝が出来る」を使った例文と意味を解釈

「溝が出来る」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「溝が出来る」を使った例文1
  • 「溝が出来る」を使った例文2

「溝が出来る」を使った例文1

「弟は友達との間に溝が出来てしまったようで、しばらく悩んでいました」

仲が良い人との間に「溝が出来てしまう」と、しばらく落ち込んでしまうということもあるかもしれません。

なんだか最近信頼関係が崩れている、なんだか連絡が来なくなった、SNSで返信がない、という状態になると一体自分たちの関係がどのようになっているのか気になるものです。

だからといって直接本人に聞けず、歯がゆい思いをするということもあるかもしれません。

「溝が出来る」を使った例文2

「溝が出来たと思っていても、誤解の可能性もあります」

もしも一方が「最近溝が出来た気がする」などと思ったとしても、実際には誤解している可能性もあります。

片方が勝手にそう感じているだけで、もう片方は全くそのようには捉えていないかもしれません。

もしも「溝が出来た」と感じたら、直接本人に聞いてみても良いのではないでしょうか。

本人に直接聞くことで、相手の本心を知ることが可能になります。



「溝が出来る」の類語や類義語

「溝が出来る」の類語や類義語を紹介します。

  • 「軋轢が生じる」【あつれきがしょうじる】
  • 「ひびが入る」【ひびがはいる】

「軋轢が生じる」【あつれきがしょうじる】

「軋轢が生じる」というのは「人間関係が悪くなる」という意味です。

「軋轢」というのは「人間の仲が悪く相争う」という意味になります。

「ひびが入る」【ひびがはいる】

「ひびが入る」というのは「完全な状態や円満な関係などが損われる」という意味です。

「人間関係等に支障が出る」時に使われる言い回しです。

icon まとめ

「溝が出来る」という表現は日常的にも使われます。

ぜひ覚えておきましょう。