意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「軋轢が生じる」の意味とは!類語や言い換え

「軋轢が生じる」という表現を使ったことがあるでしょうか。

ここでは「軋轢が生じる」という言い回しについて詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「軋轢が生じる」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「軋轢が生じる」とは?
  • 「軋轢が生じる」の表現の使い方
  • 「軋轢が生じる」を使った例文と意味を解釈
  • 「軋轢が生じる」の類語や類義語・言い換え


「軋轢が生じる」とは?

「軋轢が生じる」というのは人間関係が悪くなること、溝が生まれること、という意味になります。

どれだけ良好に見える人間関係であったとしても、ちょっとしたことでその関係にヒビが入ってしまうことがありますよね。

仲の良い夫婦であったとしても喧嘩をすることもあるでしょう。

信頼できていた友達のはずなのにちょっとしたことで信頼できなくなってしまった、などということもあるかもしれません。

そのような時に「軋轢が生じる」という表現が使えます。

  • 「軋轢が生じる」の読み方

「軋轢が生じる」の読み方

「軋轢が生じる」という表現は「あつれきがしょうじる」と読みます。

少々難しい漢字ですが、ぜひ読めるようにしておきましょう。



「軋轢が生じる」の表現の使い方

「軋轢が生じる」という表現は人間関係が悪くなってしまったときに使える言い回しです。

例えば、どれだけ仲の良い友達であったとしても喧嘩することがありますよね。

仮にすぐその後に仲直りできた関係であったとしても、ちょっとしたことで人間関係にヒビが入ってしまった、溝が生じてしまった、という事は誰にとってもあり得る話です。

そのような時に「軋轢が生じる」という表現が使えるのです。

「軋轢が生じる」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「軋轢が生じる」を使った例文1
  • 「軋轢が生じる」を使った例文2

「軋轢が生じる」を使った例文1

「お互いに忙しくてイライラしてしまい、妻との間に軋轢が生じてしまった」

最近は共働きの夫婦が増えましたが、それによってどうしても忙しく、イライラしてしまうという経験を持つ人もいるのではないでしょうか。

忙しくなるとストレスも溜まりますし、体も疲れますよね。

その上で寝る時間がないなどということになれば疲れが取れず、ちょっとしたことにイラついてしまうかもしれません。

夫婦揃って忙しいと、お互いのことが気にかけられなくなり、夫婦関係が悪化してしまうこともあるのではないでしょうか。

「軋轢が生じる」を使った例文2

「ちょっとしたことで言い合いになり、親友との間に軋轢が生じた」

たとえ相手が親友であったとしても、お互い人間ですからそれなりに感情があります。

ちょっとしたことで言い合いになってしまい、二度と口を聞きたくないなと感じてしまうこともあるかもしれません。

しかし、軋轢が生じたとしてもその軋轢がずっと維持されるとは限りません。

またしっかりと話し合いをすれば仲良くなれる可能性も高まります。



「軋轢が生じる」の類語や類義語・言い換え

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「関係にひびが入る」【かんけいにひびがはいる】
  • 「不仲になる」【ふなかになる】

「関係にひびが入る」【かんけいにひびがはいる】

「関係にひびが入る」という表現は人間関係が悪くなる事を表します。

関係が険悪になってしまう、不和になる、という時にもこの表現が使えます。

「不仲になる」【ふなかになる】

「不仲になる」という表現も同じく、関係にひびが入る、ギスギスする、などという時に使える言い回しです。

これ以外にも対立が生じる、仲違いする、不協和音が走る、などという言い方があります。

icon まとめ

「軋轢が生じる」という表現は毎日使う言い回しではないかもしれません。

しかし、オフィシャルの場でも使える表現ですのでぜひ知っておきましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。