意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「栄えある」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「栄えある」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「栄えある」という言葉を使った例文や、「栄えある」の類語を紹介して行きます。

栄えある

Meaning-Book
「栄えある」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「栄えある」とは?意味
  • 「栄えある」の表現の使い方
  • 「栄えある」を使った例文や短文など
  • 「栄えある」の類語や類義語・言い換え


「栄えある」とは?意味

「栄えある」には、「名誉や威厳がある様子」という意味があります。

  • 「栄えある」の読み方

「栄えある」の読み方

「栄えある」の読み方は、「はえある」になります。



「栄えある」の表現の使い方

「栄えある」の表現の使い方を紹介します。

「栄えある」は、「名誉や威厳がある様子」を意味します。

そこで、名誉や尊厳が備わっていると感じられる賞を受賞した時などに、「栄えある」という言葉を使ってみましょう。

例えば、美人を輩出することで有名な大学があるとします。

この大学のミスコンで優勝すると、芸能界で活躍できるという伝統があるかもしれません。

このようなミスコンは名誉があると言えるため、グランプリを受賞した場合、「栄えある○○大学のミスコンで、グランプリを受賞できて幸せです」などと「栄えある」という言葉を使います。

「栄えある」を使った例文や短文など

「栄えある」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「栄えある」を使った例文1
  • 「栄えある」を使った例文2

「栄えある」を使った例文1

「『栄えある』賞の受賞者は、Aさんに決まりました」

この例文は、授賞式の司会者が、受賞者がAさんに決まったことを発表している場面になります。

このように「栄えある」には、「賞などについて、名誉や威厳が備わっている様子」という意味があります。

定型句のように「栄えある受賞者は」などという言い回しを使います。

「栄えある」を使った例文2

「『栄えある』受賞を果たし、嬉しく思います」

この例文は、授賞式で賞を取った人が、挨拶をしている文章になります。

名誉と尊厳を備えた賞を受賞できたことを、嬉しく思っているという意味になります。

このように授賞式の受賞者は、「栄えある」という言葉を使い、受賞の重さを受け止めていることを、周囲に知らせられます。



「栄えある」の類語や類義語・言い換え

「栄えある」の類語や類似を紹介します。

  • 「名誉」【めいよ】
  • 「立派な」【りっぱな】

「名誉」【めいよ】

「名誉ある」には「社会的に認められている面子・価値があるもの」という意味があります。

「名誉ある卒業生」という言葉には、「卒業する価値が高いと認められ、卒業した生徒」を意味します。

「名誉ある行い」などという使い方をします。

「立派な」【りっぱな】

「立派な」には「堂々な」「非常に優れている」という意味があります。

「立派な男性」「堂々とした非常に優れている男性」を意味します。

「立派なパーティ」「立派な態度」などという使い方をします。

icon まとめ

「栄えある」という言葉について見てきました。

賞などについて、名誉や威厳が備わっている様子を言葉にする時、「栄えある」という言葉を使ってみましょう。