意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「立場をわきまえる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「立場をわきまえる」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「立場をわきまえる」という言葉を使った例文や、「立場をわきまえる」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「立場をわきまえる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「立場をわきまえる」とは?意味
  • 「立場をわきまえる」の表現の使い方
  • 「立場をわきまえる」を使った例文や短文など
  • 「立場をわきまえる」の類語や類義語・言い換え


「立場をわきまえる」とは?意味

「立場をわきまえる」には、「自分を理解し、身分相応に振る舞う様子」という意味があります。

  • 「立場をわきまえる」の読み方

「立場をわきまえる」の読み方

「立場をわきまえる」の読み方は、「たちばをわきまえる」になります。



「立場をわきまえる」の表現の使い方

「立場をわきまえる」の表現の使い方を紹介します。

「立場をわきまえる」には、「自分を理解し、身分相応に振る舞う様子」という意味があります。

そこで、自分身分や立場を理解し、それ相応に振る舞っている様子を見た時、「立場をわきまえる」という言葉を使ってみましょう。

例えば、パーティに参加した時に、そのパーティの主役ではないと理解している人がいます。

目立つようなことをせず、パーティを裏で盛り上げるような役割を買って出るかもしれません。

このような様子を、「パーティの脇役として、立場をわきまえる」などと、「立場をわきまえる」という言葉を使って表現してみましょう。

「立場をわきまえる」を使った例文や短文など

「立場をわきまえる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「立場をわきまえる」を使った例文1
  • 「立場をわきまえる」を使った例文2

「立場をわきまえる」を使った例文1

「新入社員は『立場をわきまえて』下働きを厭わないようにする」

この例文は、新入社員は、その立場を理解して、下働きを嫌がらずにしようという文章になります。

このように「立場をわきまえる」には、「自分を理解し、身分相応に振る舞う様子子」という意味があります。

新入社員は、仕事をして役立つことができないため、先輩のフォローや、身の回りを世話するような仕事を嫌がらずにすべきかもしれません。

「立場をわきまえる」を使った例文2

「『立場をわきまえろ』と社長が怒鳴り散らす」

この例文は、社長が、社員に対して、自分の立場を理解して相応に振る舞えと怒鳴っている場面になります。

社長に対してなれなれしく接するなどした社員に対して、「立場をわきまえるべきだ」と感じて起こったのかもしれません。



「立場をわきまえる」の類語や類義語・言い換え

「立場をわきまえる」の類語や類似を紹介します。

  • 「身の程を知る」【みのほどをしる】
  • 「節度を持つ」【せつどをもつ】

「身の程を知る」【みのほどをしる】

「身の程を知る」は、「自分の身分や能力などの程度を知る」という意味があります。

「身の程を知らない人」「自分の身分や能力の程度を知らずに、何かをする人」を意味します。

「節度を持つ」【せつどをもつ】

「節度を持つ」「節制の心を持つこと」という意味があります。

また「丁度良い程度をわきまえること」を意味します。

「社会人として節度を持った行動をする」という文章は、「社会人として節制の心を持ち、行動する」という意味があります。

icon まとめ

「立場をわきまえる」という言葉について見てきました。

自分の身分や立場を理解し、相応に振る舞う様子を言い表す時、「立場をわきまえる」という言葉を使ってみましょう。