意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「つぎ込む」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「つぎ込む」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「つぎ込む」という言葉を使った例文や、「つぎ込む」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「つぎ込む」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「つぎ込む」とは?意味
  • 「つぎ込む」の表現の使い方
  • 「つぎ込む」を使った例文や短文など
  • 「つぎ込む」の類語や類義語・言い換え


「つぎ込む」とは?意味

「つぎ込む」には、「液体を器の中へ注ぎ入れること」という意味があります。

また「つぎ込む」「ある特定の物や人などに、お金や時間など多く使う」ことを意味します。

さらに「つぎ込む」には、「精神や精力を、そのことにもっぱら傾ける」という意味があります。

  • 「つぎ込む」の読み方

「つぎ込む」の読み方

「つぎ込む」の読み方は、「つぎこむ」になります。



「つぎ込む」の表現の使い方

「つぎ込む」の表現の使い方を紹介します。

「つぎ込む」は、「注ぎ入れる」を意味します。

例えば、ポリタンクの中に湧水を注ぎ入れる時などに、「湧水をポリタンクにつぎ込む」などと、「つぎ込む」という言葉を使います。

また「つぎ込む」「ある特定の物や人などに、お金や時間など多く使う」ことを意味します。

例えば、競馬をしている人が、勝負に夢中になり、その時持っている有り金を全て、レースに賭けてしまった時、「競馬に有り金をつぎ込む」などと、「つぎ込む」という言葉を使います。

さらに「つぎ込む」には、「精神や精力を、そのことに多く傾ける」という意味があります。

このような場面が訪れた時、「つぎ込む」という言葉を使ってみましょう。

「つぎ込む」を使った例文や短文など

「つぎ込む」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「つぎ込む」を使った例文1
  • 「つぎ込む」を使った例文2

「つぎ込む」を使った例文1

「大金を『つぎ込み』、新しい機械を購入する」

この例文は、多くのお金を使い、新しい機械を購入したという文章になります。

このように「つぎ込む」「ある特定の物や人などに、お金や時間など多く使う」ことを意味します。

工場などが生き残って行くためには、このように設備に大金を「つぎ込み」、社会のニーズにこたえるような商品を作る必要があるかもしれません。

「つぎ込む」を使った例文2

「全精力を『つぎ込んだ』仕事を終える」

この例文は、全ての精力を傾けた、仕事を終えたという文章になります。

このように「つぎ込む」には、「精神や精力を、そのことに多く傾ける」という意味があります。

自分が長年、情熱を注いできた仕事や、持てる力を全て使ったと思えるような仕事について話す時に、「全精力をつぎ込んだ仕事」などという言い回しをします。



「つぎ込む」の類語や類義語・言い換え

「つぎ込む」の類語や類似を紹介します。

  • 「注ぐ」【そそぐ】
  • 「傾ける」【かたむける】

「注ぐ」【そそぐ】

「注ぐ」「液体を容器などに流し込む」を意味します。

「ビールをジョッキに注ぐ」という文章には、「ビールをジョッキの中に流し込むこと」という意味があります。

「火に油を注ぐ」などという使い方をします。

「傾ける」【かたむける】

「傾ける」は、「物を斜めにする」という意味があります。

「グラスを傾ける」などという使い方をします。

また「傾ける」「酒を飲むこと」を意味します。

「恋人同士でグラスを傾ける」という文章は「恋人同士でお酒を飲むこと」を意味します。

icon まとめ

「つぎ込む」という言葉について見てきました。

液体を器の中へ注ぎ入れる様子を見た時、またある物事や人などに、多くの金や物を出す様子を見た時、さらに、精神や精力を、そのことにもっぱら傾ける様子を見た時などに、「つぎ込む」という言葉を使ってみましょう。