意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「免ずる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「免ずる」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「免ずる」という言葉を使った例文や、「免ずる」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「免ずる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「免ずる」とは?意味
  • 「免ずる」の表現の使い方
  • 「免ずる」を使った例文や短文など
  • 「免ずる」の類語や類義語・言い換え


「免ずる」とは?意味

「免ずる」には、「許す」「義務・負担を解除する」という意味があります。

また「職をやめさせる」ことを意味します。

さらに、「罪や過失などを、本人の事情などによって許す、大目に見る」という意味があります。

  • 「免ずる」の読み方

「免ずる」の読み方

「免ずる」の読み方は、「めんずる」になります。



「免ずる」の表現の使い方

「免ずる」の表現の使い方を紹介します。

「免ずる」は、「許す」「義務・負担を解除する」ことを意味します。

例えば、大家さんが、店子の生活状況を見て、家賃を取るのを無理だと思うかもしれません。

このような時に、家賃を払う義務を除く様子を、「生活が厳しいと思えるため、家賃を免ずる」などと「家賃」を使った文章にできます。

また「免ずる」「職をやめさせる」ことを意味します。

「失態を犯した課長の役職を免ずる」などという使い方をします。

さらに、「免ずる」には、「罪や過失などを、本人の事情などによって許す、大目に見る」という意味があります。

例えば、仕事でミスをした社員がいた時、働き始めて初日の場合、不慣れなことを考えて大目に見るかもしれません。

そのため「初日に免じて、ミスを許す」などという使い方をします。

「免ずる」を使った例文や短文など

「免ずる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「免ずる」を使った例文1
  • 「免ずる」を使った例文2

「免ずる」を使った例文1

「生活が苦しい家庭の、学生の学費を『免ずる』」

この例文は学校が、生活に苦しい家庭の事情を思い、学生の学費を払う義務を除いたという文章になります。

このように「免ずる」は、「許す」「許して、負担や義務を除く」ことを意味します。

「免ずる」を使った例文2

「今までの努力に『免じて』、今回のミスには目をつむる」

この例文は、社員の今までの努力を思い、今回のミスは大目に見るという文章になります。

このように「免ずる」には、「罪や過失などを、本人の事情などによって許す、大目に見る」という意味があります。

ずっと努力してきた人なら、一度のミスは許されるかもしれません。



「免ずる」の類語や類義語・言い換え

「免ずる」の類語や類似を紹介します。

  • 「免除」【めんじょ】
  • 「大目に見る」【おおめにみる】

「免除」【めんじょ】

「免除」「義務や役目などを、免じること」という意味があります。

「兵役を免除する」という文章は、「兵役をする義務を、免じる」ことを意味します。

「試験を免除する」などという使い方をします。

「大目に見る」【おおめにみる】

「大目に見る」「過失や不手際を厳しく避難せずに寛大に扱う」という意味があります。

「まだ新人のため、大目に見る」には、「まだ新人のため、過失などを厳しく避難せず、寛大に扱う」ことを意味します。

icon まとめ

「免ずる」という言葉について見てきました。

許して、負担や義務を除くことについて話す時、職をやめさせるや、罪や過失などを、本人の事情などによって許す時、「免ずる」という言葉を使ってみましょう。