意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「伝送」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「伝送」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「伝送」という言葉を使った例文や、「伝送」の類語を紹介して行きます。

伝送

Meaning-Book
「伝送」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「伝送」とは?意味
  • 「伝送」の表現の使い方
  • 「伝送」を使った例文や短文など
  • 「伝送」の類語や類義語・言い換え


「伝送」とは?意味

「伝送」には、「次々に送り伝えること」「電気信号を伝えること」という意味があります。

  • 「伝送」の読み方

「伝送」の読み方

「伝送」の読み方は、「でんそう」になります。



「伝送」の表現の使い方

「伝送」の表現の使い方を紹介します。

「伝送」は、「順々と送り伝えること」「電気信号を伝えること」を意味します。

そこで、何かを次々に送り伝える様子を見た時、または電気信号を伝える時などに、「伝送」という言葉を使ってみましょう。

例えば、ファックスを使って、原稿用紙などを送ることがあるかもしれません。

ファックスは文字や絵などを電気信号に変えて、送信先に伝える道具になります。

そのため、「ファックスで原稿を伝送する」などと「伝送」という言葉を使い、状況を説明できます。

「伝送」を使った例文や短文など

「伝送」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「伝送」を使った例文1
  • 「伝送」を使った例文2

「伝送」を使った例文1

「取引先から預かった情報を、担当者に『伝送』する」

この例文は、仕事の取引先から預かった伝言などを、担当者に送り伝える様子を文章にしたものです。

このように「伝送」は、「順々と送り伝えること」を意味します。

取引先から担当者へ、直接連絡が取れない時は、受付から、担当者がいる部署のアシスタントへ、さらにアシスタントから担当者へと、「伝送」されることもあるでしょう。

「伝送」を使った例文2

「『伝送』されてきたデータには、重要な情報が含まれていた」

この例文は、インターネットなどを通じて送られてきたデータの中に、重要な情報が含まれていたという文章になります。

このように「伝送」は、「電気信号を伝えること」を意味します。

最近は大量のデータを「伝送」できるため、様々な情報や重要な情報が含まれているかもしれません。



「伝送」の類語や類義語・言い換え

「伝送」の類語や類似を紹介します。

  • 「伝達」【でんたつ】
  • 「受け渡す」【うけわたす】

「伝達」【でんたつ】

「伝達」は、「指示や連絡事項などを伝え届けること」を意味します。

「上司の命令を、担当者に伝達する」という文章には、「上司の命令を取り次ぎ、担当者に伝える」という意味があります。

「伝達事項」などという使い方をします。

「受け渡す」【うけわたす】

「受け渡す」には「何かと引き換えに物を渡すこと」という意味があります。

「預かった荷物を、受け渡す」などという使い方をします。

icon まとめ

「伝送」という言葉について見てきました。

次々に送り伝えることや、電気信号を伝えることを、言葉にしたい時、「伝送」という言葉を使ってみましょう。